ブログコンテンツ

E9に6弦解放を入れたファンキーカッティング

どうも、山脇オサムです。

6弦でボトムアップ!

ギターで一番低い音と言えば6弦の開放弦!

実はこの弦はとても使い勝手が良くて、フレーズやコードに絡ませることで一気に「ボトムの力強さ」を表現することができます。

僕がよく使うのはE9との合わせ技です。

E9はファンク系のカッティングによく使われる常連コード。

これさえ弾ければとりあえずワンコードセッションができるぜ!という頼りがいのあるヤツです。

そのコードをチャキチャキカッティングしながら、6弦の開放弦を入れてボトムを出すんです。

「親指を使って切り離す」

その時のポイントが親指。

E9コードを弾いてる時は6弦に軽く触れてミュートしてるので、鳴らすタイミングでヒョイッと上に伸ばすんです。(と同時にコードの方をミュート)

こうするとコードと6弦開放を完全に切り分けることができるんです。

完全に切り離して弾くとベースと一緒に弾いてるようなレンジの広いサウンドになるんです。(しかもダイナミック!)

もっと荒々しくするにはE9の9thを半音上げてE7(#9)にすることです。

・5弦7F:中指
・4弦6F:人差し指
・3弦7F:薬指
・2弦8F:小指(ここが#9)

いわゆる「ジミヘンコード」です。

このコードは6弦開放との組み合わせが最強です。

荒いです、雰囲気が。

アコギでも使えるカッティング技なので、セッションでE9が登場したら(よしキター!!!)と心の中で叫びながら弾いてみてください。

「ハッタリ技を入れたカッティング集」

こんなカッティング技を解説しているのが「ハッタリカッティングフレーズ」です。

上記の6弦開放を使った奏法はもちろん、ハイポジカッティング、高速3連カッティング、ギャリ音を混ぜたカッティングなど、「おぉ!」と言わせるアイデア満載のフレーズ集です。※詳細は画像をクリック

・動画11本(1時間13分)
・PDF11ページ
・練習トラック8本

■オンライン版
⇒クレジットカード決済はこちら※要ログイン
⇒銀行振込みはこちら(ハッタリカッティング編|その1)

■DVD版
⇒Amazonでの購入はこちら
⇒楽天での購入はこちら

■ユーザーレビュー

「親近感を抱きながらレッスンできる」
Jun YLさん
カッティングは大好きなのですが、下手なのでこういう教材は素直に嬉しかったです。先生の人柄もあってか、親近感を抱きながらレッスンを受けていました。欲深く言えば、倍くらいハッタリがあっても良かったです(笑)より上級者向けでも構いませんので、第二弾も期待してます(笑)

「飽きっぽいアタシにはピッタリ」
Hidekiさん
解説も丁寧だし、フレーズ自体も短いので、飽きっぽいアタシにはピッタリの教材です〜♪通勤電車の中で、ニヤニヤしながら楽しんでおります。

「かなりいろいろなテクが身につく」
太陽さん
この価格で8つのフレーズ、それぞれにハッタリテクが2~3。なので、かなりいろいろなテクが身に付きます。とはいえ、カッティング初心者の自分には難易度はかなり高いのですが、丁寧に解説されているので多分乗り越えられると思います。どこから始めてもいいので、好きなフレーズからやってます。

関連記事

  1. コード理論を知ってアレンジする
  2. スムーズなコードチェンジのコツ
  3. 「Up Town Funk」のコードを弾いてみよう!
  4. 簡単!テンションの場所を覚える方法
  5. イントロで不協和音を入れてみた!
  6. 「Let it be」をルーパー使って弾いてみた
  7. 超便利!コードをディグリーに置き換えよう!
  8. 【解説動画】パワーコードの押さえ方とちょいアレンジ

ギターのレシピ最新教材

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP