ブログコンテンツ

ロックンロールなコードバッキング

どうも、山脇オサムです。

前回の「メジャーペンタとマイナーペンタの違い」を解説した動画(⇒動画はこちら)で使ってたロケンローなバッキングですけど、どうやって弾くんですかメールが来たので解説しました。

あ、質問があればメール下さいね。僕もその方が話しやすかったりしますので!

■動画はこちら

Key=Eのブルース進行です。

ベースラインも一緒に弾いてるのでグルーヴがより体感できるのかなーなんて思うんですけど、ポイントはE7を一瞬で押さえられるかどうかです。

人差し指はベースラインで使うのでそれ以外の指で押さえる、というのがいつもと違うところですね。

慣れるまでちょっと練習が必要ですけど、指が形を覚えるとあとはわりと弾けます。

大事なのはノリ!特に2拍目と4拍目。ここを攻略すると一気にカッコよくなります。

その辺は動画で!

関連記事

  1. △7にアレンジする時はここに注意!
  2. コード理論を知ってアレンジする
  3. クォーターをバッキングに入れる
  4. コードの雰囲気を変える音
  5. ドロップDチューニングで結婚式
  6. 4和音とテンションを弾き比べてみた
  7. ソロよりコードが楽しくなってきます
  8. イントロで不協和音を入れてみた!

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP