ブログコンテンツ

ギターとバンドのコンテスト歴

山脇オサムです。

「コミュニティの存在を知らなかった!」っていう方がまだいらっしゃるのでご紹介!僕の教材をやっている通称レシピユーザーさん専用のコミュニティです。誰でも見れますけど参加には承認が必要ですのであしからず!

https://www.facebook.com/groups/331130873746609/

やっぱりギターは甘くない

僕はこれまで2回、コンテスト的なものに挑戦した事があります。

1つはバンドのコンテスト。テレビ東京でやってた番組の全国バンドコンテストなんですけど、最初は音源を送っての審査があってそこを通ったら二次審査で、最終審査はライブっていう。

当時は駆け出しのバンドで、各音楽事務所、レコード会社に手当たり次第音源を送ってたんですよね。

もう本屋で探しまくってとりあえず住所をメモして。店員の目の前で立ち読みしながらメモしてましたからね。座りながら。笑

何十社と送っててその中にコンテストもあったっていう。

結局最終審査まで行ってライブをやったんですけど、審査員とテレビ視聴者の投票で準グランプリを獲ることができました。

これを契機にレコード会社と契約したのでなかなか運命的なコンテストだったと思います。

ま、CD出しても全然売れなかったんですけどね。(笑うところですよ!笑わなきゃやってらんねぇ!)

 

で、もう1つはギターマガジンの最強プレイヤーズコンテストです。25歳くらいの時に1回だけ挑戦した事があるんです。

その時のテーマがファンキーでソウルフルな曲だったので結構自信があったんですけど結果は優秀賞。

グランプリを目指してたのでちょっと悔しかったですけど、景品でもらったレコーダーを壊れるまで使ったので満足してます。笑
僕、そのコンテストのテーマ曲にストーリーを入れよう思ってブリッジセクションにビックリするくらいの深いリバーブをかけたんです。

で、そのリバーブのかかってる音と同じ音を次のセクション頭にも続けて使って今度はリバーブを外した状態にするわけです。

これで、「夢から覚めた!」っていうストーリーを表現したんですけど審査員のコメントに、

「リバーブも適切な量が大事なんですよね」って冷静に書かれてたんですよね。笑

「演出なんですけど!」(マダム風に)

 

↓ストーリーのあるテーマ曲はこちら↓

↓その他の教材はこちら↓

↓メルマガ登録はこちら↓

関連記事

  1. 譜面が読めないのに読めるフリ
  2. カントリーの魔法のギター
  3. パワフルなミュージックライフ
  4. 先輩ギタリストとの奇跡
  5. それではご本人の登場です
  6. 2年でグッとブルージィに
  7. ノーキーエドワーズとばったり遭遇!
  8. 気がついたらレッスン動画がエライことに!

最近の記事

PAGE TOP