ブログコンテンツ

ライブに全然呼んでもらえない…

雨に打たれるとブルーになる山脇オサムです。でも傘をさすのは極力避けています。(傘って進化しないの!?)

なぜかライブに呼ばれない!

25歳くらいのときに先輩のドラマーに誘って貰ってブルースシンガーの布谷文夫さんのバックをやった事があるんです。

当時は自分のバンドを一生懸命やってたので、あまりバックバンドとしての仕事ってやったことなかったので、結構気合い入れて演奏したんです。

ブルージィなものが多いので自分的にも楽しかったし手応えもあったんですけど、なぜかそれ以降のお誘いが全然来なかったんです。
(結構ヘコむやつ!)

演奏が気に入らなかったんだなーなんて思ってたんですけど、その日から2年ほど経ったある日、急に電話があって演奏を頼まれたんです。

その時は確か、専属ギタリストのトラで「ちょっと頼めないかな?」っていう軽い感じだったと思います。

2年前と同じようにブルージィな楽曲が主なので、僕も2年前と同じような雰囲気で演奏したんですけど、なぜかその日からポンポンと呼んで貰えるようになったんです。

僕はすごく嬉しかったんですけど、全然呼んで貰えなかった2年前と今とでは何が違うのかよく分からなかったんですよね、正直。

違いといえば、シャツの色とナイキの靴が新しくなったくらいで。
(靴はいつも真っ白がポリシー)

人間の成長はギターの成長

凄く気になってたのであるタイミングで思い切って聞いてみたんです。そしたら、

2年前はただギター弾いてるだけで全然だったけど、久しぶりに聞いて凄くブルージィでグッとくる演奏になってたから」

って言ってくれたんです。

多くを語る方ではなかったので「このフレーズがこうで・・」とかそういう話ではなかったんですけど、フィーリングで「グッときた」って言ったくれた事がすーっごく嬉しかったですねー!

確かにその2年は、自分のバンドでアーティストのバックをやったり、ライブアレンジやったり、セッションでいろんなミュージシャンと演奏したり、いろいろ挑戦してたんです。

やっぱりギターの成長って人間の成長とリンクしてるような気がします。いや、絶対そうだと思います。

だって10代の1音と60代の1音って雰囲気が違いますもんね。デビットTウォーカーの1音にはいろんなソウルが入ってる気がしますし。

ギターの練習もしつつ人間的にもっともっと成長したいと思う山脇オサムなのでした。。。

関連記事

  1. パワフルなミュージックライフ
  2. 思い出のヴァン・ヘイレンの名曲
  3. このギターを弾くことになった経緯をお話します
  4. やっぱりバンドマンは面白い!バンド仲間と車中でトーク
  5. 【山脇のレシピ#04】スーパークロスを賭けた戦い。そして人生最大…
  6. 譜面が読めないのに読めるフリ
  7. 【山脇のレシピ#08】モトクロス引退。そして第2章のスタート。
  8. 【山脇のレシピ#06】順位より重要なスーパークロスの裏の勝負とは…

最近の記事

PAGE TOP