ブログコンテンツ

このギターを弾くことになった経緯をお話します

今年は忘年会もなく外食することもないので年末感がほぼない山脇オサムです。年末感を感じるのはテレビくらい!明石家サンタを深夜3時までみちゃいました。汗

このギターを弾くことになった経緯をお話します

小岩ファンクのケンケンの記事でも数回に渡って取り上げられていた「57年製ギブソンES125T」。今は僕が弾かせてもらっているのですが、そうなった経緯をお話します。

非常に悲しいことなのですが、やっぱりギターはたんなる楽器ではなく、いろんな人の人生までも染み込んでいるんだなと改めて思います。

 

関連記事

  1. 【山脇のレシピ#08】モトクロス引退。そして第2章のスタート。
  2. 【山脇のレシピ#04】スーパークロスを賭けた戦い。そして人生最大…
  3. パワフルなミュージックライフ
  4. やっぱりバンドマンは面白い!バンド仲間と車中でトーク
  5. 思い出のヴァン・ヘイレンの名曲
  6. 1日どのくらい練習してますか?
  7. 先輩ギタリストとの奇跡
  8. それではご本人の登場です

最近の記事

PAGE TOP