ブログコンテンツ

ボイストレーニングマップで自己分析しよう!

こんにちは!シンガーAmbiです。

 

いよいよ花粉の季節ですね、ぼちぼち我が家は息子と私だけ来てます来てます・・・。予防していきましょう!

さて今回は「ボイトレマップを見ながらゴールに向かうには何が今必要か」をテーマに解説していきたいと思います。

まず「取得したい!」という方が一番多い項目は、一番右下に書いているコレです。

「力強い声/通る声」

 

まずはゆっくり深呼吸

まずやってほしいのが、右上に書いてある「ゆっくり深呼吸」ですね。ゆっくり鼻から深呼吸して、ゆっくり口から出してください。

リラックスして沢山の空気を吸えるようになると、肺を包む横隔膜や肺の周りの薄い筋膜も同時にストレッチされ、伸ばされていきます。

と同時に、横隔膜や背中の筋肉もストレッチされるので普段より空気が入るんです!!

ビックリですね(汗)。なによりも腹式呼吸につながります。

歌い出しと終わりを丁寧に

その下に「歌い出しと終わりを丁寧に」とあります。

使える息が多くなると、

・歌い出しのパターン選択
・歌い終わりのフェイドアウト
・ロングトーンなどのテクニック
・歌いながらのダイナミクス

などなど、色んな事が丁寧にコントロールしやすくなります。それが「表現力」につながっていくんですね。

インナーユニットの安定と強化

その下に「インナーユニットの安定と強化」があります。

腹筋とインナーマッスルと言ってしまうと簡単なんですが、腹筋の下の方やおへその下、お尻や下半身をキュー!と絞る感覚です。

ここが安定してなかったら、声が震えますし喉を潰しやすくなります。

「のど声」とか「カラオケ声」と言いますか。。不安定で通りにくい声になることが多いんです。

すべてできた上で脱力する

ここまでは普通に筋肉の使い方だけなのですが、ここからさらに厄介なのが、その上で「脱力する」と言うことです。

上級者になると、インナーユニットは力を入れて安定させつつ、身体の上の方はリラックスさせないといけません!!

(私は上半身と言うか胸より上はなるべく力抜いて!と教えます)

すごく簡単に言うと、

・胸より下は力を入れて安定させて
・胸より上はリラックス

 

たった2行の説明ですが、難しいです。

スポーツ関係の筋肉を色々調べていくと、ゴルフの素振りや野球の素振りとよく似ている気がしました。スポーツで考えるとピンとくる人が多いかもしれませんね。

歌を歌ったりギターを弾いたり、色んな神経を使わないといけないので不器用な人は大変かもしれませんが、身体が覚えてしまうとこっちのもの!

毎日意識すれば必ず自分のものにできます。

ボイトレマップを見て、今自分になにが必要か?ぜひ考えてみてください♫

【シンガーAmbiのLINE公式アカウント】※歌の悩みを直接相談してみよう!

関連記事

  1. 第2回ギターのレシピコンテスト結果発表!
  2. 自宅をライブ会場に変えるブルーストラック
  3. ハマるとやばいチューニング
  4. できるミュージシャンの共通点
  5. フィードバックを作ってみよう!
  6. 実はしっかり弾けてない
  7. ギター初心者の敵【Fコード】の攻略はこれだ!
  8. 簡単にできるネック調整方法

最近の記事

PAGE TOP