ブログコンテンツ

やる気スイッチを押すギターコンテスト

山脇オサムです。

「目標を持った1ヶ月はめちゃくちゃ濃い」

前回のコンテストから約1ヶ月。早くも第2回目を開催中です!

なんかコンテストバイブスが上がっちゃって我慢できませんでした。笑

コミュニティの投稿やセッションでの実演とかホント楽しかったですからねー。

今回の課題曲はブルースです。

前回の「CryBoy」より難易度は高めなんですけど、締め切りまで1ヶ月半あるので今からしっかり取り組めばかなり良い感じで弾けるようになると思います。ぜひチャレンジしてください!

前回参加された方からのメッセージで一番多かったのが「コンテスト期間でかなり上達した」という感想でした。

やっぱり1ヶ月でもちゃんと目標を持って練習すると上達するんですよね。短くてもめちゃくちゃ濃いんです。

目標を持たずだらだら弾いてる3年間よりも絶対上達すると思います。

しかも自分で撮影してそれを何回も見るわけですからね。

自分のウィークポイントが手に取るように分かります。もちろんその時は「うわー全然弾けてないじゃん…」っていうショックもあると思います。

でもそれが大事です。

そこで初めて「せっかくコンテストに参加するんだから納得できる演奏をしよう!」っていうやる気スイッチが入るんですよね。

 

「ユーザー専用コミュニティのパワー」

ここがすごく大事で、そういう時って「ここ弾けてないけどまぁいいかー」じゃなくて、「ここが弾けてない!くっそー!もう1回チャレンジ!」っていう心境になるんです。

別にコンテストに参加しなきゃいけない義務なんてないんですけど、そういうモチベーションになるんですよね。

前回参加した方は40テイクとか当たり前で、多い人は200テイクとかやってましたし、指先の豆が潰れて絆創膏貼って参加した方もいました。

やる気スイッチが入ってモチベーションが上がるとスゴイんですよね。

で、そのモチベーションを上げてくれる最大の要因がユーザー専用コミュニティでの投稿なんです。

ここではたくさんのギタリストが「今こんな感じ!」「ここまで弾けるようになったよ!」っていう動画をどんどんアップするので、それを見て「よし!もうちょい頑張ってみるか!」っていうモチベーションがキープできるんです。

なんかすごくいいんですよね。

上手く言えないんですけど「大人の文化祭」みたいな感じですっごく楽しいんです。なので今回参加する方もぜひコミュニティを活用して楽しんで欲しいと思います!

いやー楽しみだ!


コンテストの課題曲「M-Blues」はこちら

 

関連記事

  1. 立ってギターを弾いてみる
  2. できるミュージシャンの共通点
  3. コンテストに潜むアイツとの戦い!
  4. ルートを聞き取る絶好のタイミング
  5. 使ってないエフェクターの使い道
  6. 簡単にできるネック調整方法
  7. 思い切りよく弾くには弦を信頼すること
  8. ギターを弾かない時のマナー

最近の記事

PAGE TOP