ブログコンテンツ

【ボイストレーニング】滑舌について

こんにちは!来月ひさびさに人前で歌うことが決まり、最近マジメに腹筋頑張っています!あんびです!

 

現役の時は毎日100回はやっていたのですが、ここ数年出産してからやはりライブ前しかしなくなり……。案の定、去年のライブ中にはじめて喉を飛ばしました!

曲は忘れもしません。

チャカカーン「I’m Every Woman」でした。笑

後半とてつもなく高音になりますよね。あそこです、あそこ。。。涙

私の推測なんですが、腹筋が弱っているところに高音やすごい声量で無理をしたので、喉に負担がかなりかかったんじゃないかな?と考えてます。

耳鼻科に行ったら炎症してました。

それだけ腹筋は大切だといつもいつも話しているのですが、今回は意外な落とし穴のお話しをしたいと思います。

ズバリ「滑舌」です。

話してる時はそんなに気にならないけど歌うと滑舌の悪さが目立ってくる、という方って結構多いんですね。

という事でここで滑舌チェック!

滑舌が良いか悪いか、すぐに分かる方法があるんです。

まずは口角をグーっと上げてください。

「い」を発声する口の形で、「あ、い、え」などを発声してみてください。

違和感があると思います。表情筋が弱い人は、ほっぺがピクピクしてとても辛いはずです。

そのままの「い」の口の形で、「ね、い」と発声してみてください。

ここで大事なのは「顎を動かさない」という事!

滑舌が悪い方は「にゃい」「ない」または「顎がどうしても動く」になります。

一度やってみてください♪

滑舌を改善すると普段の会話もとてもハッキリ話せるようになりますし、表情筋によって口角がグッと上がり、モゴモゴ話す感じも改善されます!

ハキハキ話す方は印象も良いですしね★

ぜひお試しください♪

関連記事

  1. 歌の上達に欠かせないボイトレマップ
  2. 愛してるって言うために電話したんだぜ
  3. ギターを弾かない時のマナー
  4. キーが変わった時の対処法
  5. プロが教える教材の進め方
  6. 花を咲かせるアンプのセッティング
  7. ロバート・ジョンソン、実はギターが下手だった?
  8. 立ってギターを弾いてみる

最近の記事

PAGE TOP