ブログコンテンツ

耳コピに超絶役立つコード譜

山脇オサムです。

今週から世界最高峰のレース「AMAモトクロス」が開幕するんですけど、なんとなんと!ホンダファクトリーのケン・ロクスン全戦欠場という情報がぁ!

モトクロスはですね、

■スタジアムにコースを作ってゴリッゴリでジャンプしまくるレース

■屋外のただっ広いコースをアクセル全開で走るレース(今週から始まるやつ)

の2種類があるんですけど、ケン・ロクスンはドイツ出身なので後者が得意なライダーなんですね。

スーパークロスでは不完全燃焼だったので復活を楽しみにしてたんですけどね〜。来年に期待します。

モトクロスって日本ではまだまだマイナーですけど、ちょっとでも普及に繋がれば嬉しいので興味のある方はぜひ下の記事もチェックしてみてください!

⇒記事をチェックする

Keyは値千金の情報

さて、昨日のメルマガで耳コピについて書きましたが、ルートを聞き取れるようになったら今度は、

「Keyを感じる」

というステップに入ります。ここがむちゃくちゃ重要です。

というのも、Keyが分かると「7種類のダイアトニックコード」が浮かび上がるので、耳コピのスピードが爆速に上がるんですね。例えばこんなやつ。

一般的な曲はこの7つのコードで骨組みができているので、ここが分かると極端な話し、耳コピする必要がなくなるんです。

「このコードかな?」
「いや違う」
「じゃあ次のこのコードかな?」
「あ、これか」

みたいに。「Key」はこのくらい値千金な情報なんですね。

超絶役立つコード譜

じゃあどうすれば分かるのか!?残念ながら「こうすれば100%分かる」という公式がないんですね〜。

でも安心して下さい。Keyは訓練をすればビンビンに感じれるようになります。その訓練に超絶役立つのがこれです。

「トニック」と書いてあるのが各コード進行のKeyのコードです。

それぞれのコードを繰り返し弾くと、トニックのところで「落ち着いた感じ」が分かると思います。この感覚を感じる訓練をするんです。

この感覚がむちゃくちゃ重要。耳コピの精度とスピードが爆速に上がります。

お盆休みに時間がある人は、僕のことを信じてやってみてください。どんな曲を聞いてもKeyが分かるようになります。

全部で35パターンのコード進行を紹介してるので、ぜひコード譜をダウンロードしてください。

コード譜のダウンロードはこちら

 

関連記事

  1. 第3回ギターのレシピコンテストの感想
  2. 曲を聞いたらまずはイメージトレーニング
  3. 思い切りよく弾くには弦を信頼すること
  4. これが一番効果的な練習方法
  5. 【番外編】革命を起こした伝説のライダー
  6. 今流行のバンド✕カラオケをやってみよう!
  7. リズムを鍛えるクリック練習
  8. ギタリストはドラムが必須

最近の記事

PAGE TOP