ブログコンテンツ

【動画】ちょいとお洒落なコードバッキング

ギターのレシピの山脇オサムです。

ちょいとお洒落なコードバッキングの解説動画です。購入or見放題会員さんしか見れない動画ですが、無料で公開中です。

■動画はこちら
※青ボタン「関連ファイルダウンロード」からタブ譜とmp3をダウンロードしてください

出てくるコードは、

・A△7
・C#m7
・Bm7
・E9

このコードをオープンコードで弾いたりバレーコードで弾いたり、5弦ルートで弾いたり6弦ルートで弾いたりしてお洒落に仕上げていきます。

バレーコードがFで止まってる!という人にぜひ挑戦してもらいたいフレーズです。

このくらいのテンポの場合、僕的にいつも迷うのがストロークです。

・全部ダウンでいく
・アップを混ぜてオルタネイトでいく

この2択。この場合の判断基準は弾きやすさよりも「サウンド」です。

トップノートで音をちょい足ししてるので、できればすべて同じ感じで音を出したい!ということでオールダウンです。(もしくはオールアップでもOK!?)

バッキングトラックがあるので、ぜひ合わせて弾いてみてくださいね。

Aメジャーペンタ、もしくはAメジャースケールを使ったアドリブ練習にも使えます。

ちなみに「お洒落+バッキング」で検索したら、他にこんな動画がヒットしました。いろいろと検索してみてください。

⇒ヒットした動画はこちら

 

おすすめ見放題プラン

見放題プラン(スタンダードプラン/プレミアムプラン)に加入すると、上記の動画を含むすべてのレッスン動画(約800本)を見ることができます。

■プランの詳細・加入はこちら

関連記事

  1. このシンプルなコード進行をどう弾きますか!?
  2. コードを爽やかにしたい時はこの音を使う
  3. 開放弦をコードに混ぜてみよう!
  4. コード選びで意識するポイント
  5. 「Let it be」をルーパー使って弾いてみた
  6. コードに半音スライドを混ぜて弾いてみよう!
  7. ソウルフルな「Harry Hippie」を弾いてみよう
  8. コード理論を知ってアレンジする

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP