ブログコンテンツ

E9でジャムるならこれ!バッキングパターン5選

ギターのレシピの山脇オサムです。

今週の見放題コースは「E9でジャムるならこれ!バッキングパターン5選」です。※視聴するには見放題コースへの加入が必要です

■画像をクリック

ファンクやブルースで頻繁に登場する9thコード。7thコードに9thがポーンと追加されてるコードです。

有名なところだとジェームス・ブラウンの「Sex Machine」ですよね。

9thコード一発でセッションをやる時はバッキングのバリエーションが物を言います。

バリエーションがあるとバンドのグルーヴに合わせることができますからね。(ここが重要!)

この動画では全部で5つのバリエーションを解説します。

・王道の13th追加
・単音カッティング
・ブルースフィーリング
・3和音スライド(トップ7th)
・フレーズ寄りのカッティング

実際僕も手グセで使いまくってるフレージングなんですけど、セッションでものすごく役に立ってます。

他のギタリストがいても自分の道を作って渋滞せずに弾けますからね。

これがグルーヴには大事なことだと思います。

かなりファンキーになるので、キレッキレのカッティングでレッツチャレンジ!

関連記事

  1. コードに半音スライドを混ぜて弾いてみよう!
  2. フレーズとコードでピックの持ち方を変える
  3. 指板の音名を覚えてコードに活用する方法
  4. 11thはマイケルのハットよろしく!
  5. 実践的なコードワークに必要なシェイプ
  6. スカウターでコードを見てみる
  7. セブンスコードが持っている武器とは?
  8. ソウルフルな「Harry Hippie」を弾いてみよう

最近の記事

PAGE TOP