ブログコンテンツ

ケイジドで一番使いにくいGフォームを攻略!

スープって温かいものだと信じ切っているので冷製スープを本心では認めていない山脇オサムです。(一気に飲んじゃいそうで怖い!)

CAGED(ケイジド)システム

って最近よく聞きますよねー。YouTubeでも解説してる人がいっぱいいて、どんどん浸透してきてます。

このメルマガ、6年以上やってるのですが「ケイジドシステム」を解説したことって2回くらいしかないんです。(しかも最近)

ぶっちゃけこの名称を知ったのがここ数年なんですよね。車の運転はできるけどエンジンのシステム名までは知らんがな!というのが僕の言い分です。笑

で、ケイジドシステムってなんだいや?となるわけでが、主なコードフォーム5種類のことです。

イメージ的には「服の着せ替え」という感じです。


・モッズ系

・ライダー系
・ヒップホップ系
・カジュアル系
・つなぎ系

みたいな。中身は同じ人なのでキャラは変わらないんですけど、見た目や雰囲気が少しだけ違う、という感じです。

なので同じCコードでもいろんな押さえ方があって、それぞれ少しずつ雰囲気が違うんですね。(でも中身は同じCコード)

そんな5つのフォームの中で「んー、これイマイチ着こなしが分かんないだよねー」というフォームがあります。

それがGフォームです。

服だと「つなぎ系」ですかね。クラシックではよく使うらしいのですが、エレキではほぼ使わないんですよね。

僕もバンドで使ったことはマジで(マジで)1回もありません。というか、押さえにく過ぎて立って弾けません。(布袋さんみたいに腰で弾いてたら絶対ムリ)

でも、、、

これ、1〜6弦をフルで使ったGフォームが使いにくいだけで、実は分割することでむちゃくちゃ使えるフォームに変化するんですね。特に、

・ポップなコード展開
・R&B/ソウル系
・ファンク系

で使えるコードフォームになるんです。

この辺のことを「今週の新着レシピ」で解説したので、ぜひチャレンジしてみてください。やっぱりコードは中身が分かるとむちゃくちゃ楽しい!
↓↓↓

動画を視聴するには見放題コースへの加入が必要です

 

関連記事

  1. コードに半音スライドを混ぜて弾いてみよう!
  2. そもそもコードって何?が分かる動画
  3. 「基礎トレのレシピ〜コード編〜」登場!
  4. ソウルフルな「Harry Hippie」を弾いてみよう
  5. E9でジャムるならこれ!バッキングパターン5選
  6. 意外と難しいDコードを攻略する
  7. 超バランスの良いコードアレンジ
  8. サブドミナントマイナーを目立たせる音選び

最近の記事

PAGE TOP