ブログコンテンツ

ロベンフォードのリフと指使いのパターン

なぜか分からないけど、新宿から代々木までの1駅を歩いてみた!マジで暑い〜〜!!

「日陰しか踏めない」という謎のルールを自分に課していた小学生の頃を思い出しました。

どうも、山脇オサムです。

「いろんな指使いパターンがあるのだ!」

ロベンフォードが弾くリフっぽいフレーズです。※該当フレーズから再生します

 

■タブ譜

聞くだけだと普通に弾けそうなんですけど、指使いのパターンが色々あるんですよね。

2,3弦の8Fは人差し指でセーハ、これは決定なんですけど、2,3弦の10F4弦の10Fをどの指で押さえるのか、というところです。

一番弾きやすいのは、

・2,310Fを小指と薬指
・410Fを中指

このパターンだと思います。人差し指以外セーハを使わないっていう。

その次のパターンが、

・2,310Fを薬指(セーハ)
・410Fを中指

これもなかなか弾きやすいと思います。最初の押さえ方もそうなんですけど、中指をちょっとだけ伸ばさなきゃいけない感じがあります。

他には、

・2,310Fを小指(セーハ)
・410Fを薬指

これは小指の大きさや曲がり具合で完成度が違うので、人によっては全然できない可能性もあります。

小指の第一関節が逆反りできるかどうか、ですね。(ちなみに僕はできません!)

 

「第一関節よ、ありがとう!」

で、もう1つは、

・2,310Fを薬指(セーハ)
・410Fも薬指

です。

どっちも薬指を使うので楽な感じがするんですけど、ノイズを出さずに弾くにはちょっとしたコツがあります。

2,310Fはセーハで押さえるために薬指の第一関節を逆反りにして、

その次の410F第一関節を順反りに戻して指を起こして押さえるんです。

こうすると押弦をスムーズに繋げることが出来るので音も滑らかになるんですよね。これほど第一関節に感謝したことはありません。

僕は結構この弾き方をします。関節の反り具合を利用して押さえる弦を変えるっていう。

隣り合った弦を弾く時にかなり使えるので、身に付けておくと便利です。

運指はどれが正解ということはないんですけど、どうせだったら他のフレーズにも応用できるようにしときたいですよね。

 

あと、ロベンフォードはこのリフをストロークで弾いてますよね。

ということは、左手の運指側でしっかりミュートかけなきゃいけない!という事なんです。

ミュートをする時に大活躍するのは・・・そう!親指です。

ロベンの動きを見てみると・・・やっぱり親指をネックの上から出してミュートに使ってますよね。

こういう細かいところも大事です!ありがとう!ロベン先生!

■指使いが上手くなるフレーズ満載のお洒落フレーズ集


 

関連記事

  1. グリスアップとチョーキングの合体
  2. チョーキングをマスターする2つのコツ
  3. コードアレンジは小指の訓練に最適!
  4. フレーズのクオリティを上げる6つのテクニック
  5. チョーキングした状態からさらにチョーキング
  6. ネックを握る親指、こうなってませんか?
  7. ワイドフレーズのアイデア満載
  8. レガート奏法を極めると凄いことになる!

最近の記事

PAGE TOP