ブログコンテンツ

こんな譜面、見たことない

山脇オサムです。

6歳の息子の友だちからプレゼントをもらいました。中身は手裏剣。笑

コードトーン多くね!?

ギターのレシピのユーザーさん譜面です。許可をもらって掲載させてもらいます。

すごい・・・まさに音を研究してる感じ・・・料理家で言うとレシピを、建築家で言うと設計図を試行錯誤しているのと同じ感じですね。

これはギターのレシピのレッスン曲「Mブルース」という曲なんですけど、

・青が1度
・赤が3度
・黄が5度

で色分けをされてるんですね。つまり色が付いてるところはコードトーンなんです。

ん・・・?このフレーズ、コードトーン多くね!?

いや、作ったのは僕なんですけど(笑)、こうやって可視化するとすごくよく分かりますね。

コードトーンが多いということはフレーズだけでコード感がプンプン満載ということなので、バッキングがなくても成立しちゃうんですね。

もともと「Mブルース」というのはマイナーペンタを使わないブルースというコンセプトの曲で、3コードにガッチリ合わせて構成してるんです。使ってるのはミクソリディアンスケール。

逆に言うと、マイナーペンタ一発だと3コードにガッチリ合わせることはできないんですね。(意外!)

これ、どっちが良いとか悪いとかの話ではなく、引き出しの話なんです。2つのアプローチができればセッションもむちゃくちゃ楽しくなるし、音の会話のニュアンスも上がりますからね。

耳じゃなくで見でも音を確認する、、、たまにはこういう練習もいいのでは!?

 

関連記事

  1. ブルースではどのスケールを使う?
  2. 簡単にフレーズの幅を広げるアイデア
  3. 理論が分かるとこんなにフレーズで遊べます
  4. マイナーペンタに1音追加するならこれ
  5. フレーズを新鮮にする方法
  6. 【ブルースに最高】マイナーペンタとメジャーペンタの融合ポジション…
  7. 【無料公開】プロっぽい!こんな技使ってます
  8. アドリブの落とし穴はこの言葉!

最近の記事

PAGE TOP