ブログコンテンツ

ユーザーさんの素晴らしいカスタム譜面

山脇オサムです。

現在「第2回ギターのレシピコンテスト」を開催中です。

「雰囲気を先行したフレージング」

コンテスト課題曲の「M-Blues」。すでに爆裂練習が始まってるみたいですよ。

もうとにかく弾きまくるのが最大のポイントです。弾いて弾いて弾きまくる!こっそりあの娘とやり取りしてるLINE時間も大幅に削るべきです。(ドキッ!)

弾くのはもちろんなんですけど、ぜひここも意識して欲しいところがあります。

そう、顔エフェクター!

いや違う!フレーズの音の内容です!

ただフレーズを覚えるだけじゃなくて「この音は◯度の音」という中身も意識するんです。

なぜかと言うと、ほかの曲でのアドリブやフレージングにめちゃくちゃ応用できるからです。

スケールの枠が先行になってしまうと、不思議とフレーズもスケール的になっちゃうんですよね。自分では縦横無尽に弾いてるようでも、気が付いたらただの上下運動になってるっていう。

このときに「スケールの中身」を知ってると、スケール先行ではなく曲の雰囲気先行のフレーズになるんです。

で、あとで全体的に見て初めて「あ、メジャースケールになってる」っていう感覚です。

 

「フレーズを色分けしてみる」

「オサムちゃん、そんなの難しいよ!」と思ったあなた!

やってる人はやってるのです!この努力を!

先日あるユーザーさんから送られてきた課題曲「M-Blues」の譜面がこちらです。

なんと意思のある譜面でしょうか!素晴らしい〜!!!

青が1度赤が3度黄が5度で色分けをされてるんですね。こういう努力は本当に大事だと思います。

これまでもユーザーさん自身で手を加えた譜面はたくさん見てきたんですけど、久しぶりに感動したので許可をもらって掲載させてもらいました。(譜面をキレイに使ってくれてるところも好きだ…)

で、この譜面をよーく見てみると青、赤、のコードトーンがたくさん使われてますよね。

曲の雰囲気を先行したフレーズってこういう事なんです。曲の屋台骨のコード展開をちゃんと意識してフレージングするとこういう感じになるんです。

もちろんそのバランスは様々ですけど、青、赤、が全然入ってないとまぁまぁキツいですからね。

こうやって視覚で見るとよーく分かります。ホント素晴らしい譜面ですね。

ぜひ譜面をカスタムして自分仕様にしてみて下さい!

 

■コンテスト課題曲「M-Blues」はこちら

 

 

関連記事

  1. なぜか無性に聞きたくなるこのフレーズ
  2. アームを使って歌心を出す
  3. この歌いまわしが最高なんです
  4. スウィープに使えるハッタリテクニック
  5. ポップだけどジャジィというバランス
  6. いとしのエリーをカバーしてみた
  7. サブドミナントマイナーを目立たせる音選び
  8. フレーズを新鮮にする方法

最近の記事

PAGE TOP