ブログコンテンツ

ゲキムズ!寺内タケシ流の高速♭5フレーズ

ジェリー・マギーさんの奏法解説リクエストが来たんですけど、そういえばジェリーさんのギターをコピーしたことってそんなにないぞ!?と気がついてしまった山脇オサムです。

ベンチャーズはノーキーさん、歌謡曲のカバーはジェリーさん、というイメージなんですよねー。

ということで、新しいYouTubeを撮影しました。

テーマは「寺内タケシさんが弾く♭5フレーズとは!?」です。

♭5というとブルース!と思い浮かべる人が多いと思うんですけど、「そういえば寺内タケシさんって♭5使うのかなぁ」とふと思って考えてみると、2つの曲が思い浮かんだのでお話しました。

1つは有名な民謡「ソーラン節」で、もう1つは渡辺香津美さんと弾いてる「小雨降る径」です。

「小雨降る径」はなんかすごく珍しいパターンで、マイナーペンタ+♭5という王道なフレージングなんですよね。

なんですけど、リズムが超高速でしかも短い休符が入ってるという難易度かなりお高めなやつです。

これはムズい!でも面白いです!

 

関連記事

  1. メジャーペンタとマイナーペンタの違い
  2. 「Feel like makin’ love」を弾い…
  3. ブルースではどのスケールを使う?
  4. トライアドをカッコ良く弾くコツ
  5. 速いフレーズを当てはめる2つのリズム
  6. エイモス・ギャレットのスティール奏法
  7. マイナーペンタを使わないブルース曲とは?
  8. 「壊れかけのRadio」で使えるアドリブ術

最近の記事

PAGE TOP