ブログコンテンツ

ペンタに1音追加してみよう!

山脇オサムです。

今日はマイナーペンタに変化を付ける方法をご紹介します。

月イチのレシピシリーズのC調ブルース」です。コミュニティでも投稿があったんですけど、先日「中居正広のミになる図書館」のBGMでも使われてましたね。僕も天ぷら食べながらちょうど見てました!

■「C調ブルース」※該当フレーズから再生します

■タブ譜


「マイナーペンタを柔らかくする!」

マイナーペンタトニックスケールの構成音は、

・Root
・m3rd
・4th
・5th
・m7th

の5つなんですけど、このフレーズはさらに9thを追加してます。ポジションで言うと1弦7Fです。

この9thを足すことで、ブルージィなんだけどちょっと垢抜けてるフレーズになるんですよね。

マイナーペンタに入ってるm3rdとm7thはどうしても暗い雰囲気がするんです。呼び方もマイナーサードとマイナーセブンスでどっちにも「マイナー」が付きますしね。

m7thに関しては「泥臭い」って感じですけど、どちらにせよダークな雰囲気。

そんなフレーズに9thを入れると雰囲気がすこし柔らかくなるんです。

イメージ的にはキムチ丼に卵を乗っけてちょっとマイルドにする感じです。辛さが売りのキムチ丼をマイルドにしてどうすんだ!っていう事もありますけどね。(僕はさらに一味唐辛子を入れるタイプ!)

このフレーズは一瞬なので分かりにくいかもですけど、たくさん使うとよく分かります。

僕の中でペンタに9th入れるのはレイボーンな感じがするんですよねー。レイボーンのフレーズめちゃくちゃカッコいいですもんね。

 

「♭5thで顔もブルースに!」

あと、マイナーペンタに「♭5th」を追加するのもオススメです。

このフレーズで言うと3弦8Fです。(ここでは使ってないですけど)

♭5thを入れると怪しさが倍増されて、ブルースがもっとブルースになって顔もブルースになります。これはかなり使えます。

9thとダブルで入れるよりは♭5th単品で入れたほうがカッコいいかも知れません。シンプルだからこそ♭5thが目立ちますからね。

「いつもペンタ一発なんだよな・・」というマイナーサードな気分の方は、スケールを切り替えるその前に「1音追加する」という方法もオススメです。

■C調ブルースのレッスンはこちら

 

 

関連記事

  1. ギターでお洒落にハモってみよう!
  2. ミドルテンポは気を抜くとヤバイ!
  3. 理論が分かるとこんなにフレーズで遊べます
  4. ペンタをカッコよく弾くリズム遊び
  5. ペンタをブルージィに弾く方法
  6. ギュインギュインなチョーキングで魅せる!
  7. 歌メロをカバーする時のコツ
  8. マイケルも惚れた単音カッティング

最近の記事

PAGE TOP