ブログコンテンツ

これ知ってた?ギターの構造で知っとかなきゃ損な知識

山脇オサムです。

ギターの構造で知っとかなきゃ損!というのが3.4.5.6弦のインターバルです。

よく見ると形が同じ

インターバルというのは音の距離です。

6弦と5弦、5弦と4弦、4弦と3弦はすべて4度の関係なんです。

分かりやすく言うと「ドレミファ」のドとファの関係なんですね。

これを知っておくとどんなメリットがあるかと言うと、フォームやフレーズの形を変えずに違う弦で弾くことができるんです。

例えばこの形。

すべて5度がトップノートのメジャートライアドです。

よーく見ると、3.4.5弦と4.5.6弦の形が同じです。

1.2.3弦と2.3.4弦はそれぞれ違う形です。

例えばこの形。

3度がトップノートのメジャートライアドです。やっぱり3.4.5弦と4.5.6弦の形が同じです。

3.4.5.6弦のインターバルが同じなので、こういう現象が起きるんですね。

意外と知らない人が多いんですけど、ここを知ってるとギターの指板の見方がかなりスッキリします。

全部4度にするとめちゃ大変

ちなみに3弦と2弦は3度の関係なので、ここがコードに絡んでくると形が変わります。

ややこしいから全部4度の関係にしたらいーじゃん!って思いますよね!

それめっちゃ分かります!

でもそうすると全部の弦をバレーコードで押さえるFとかが、物理的に押さえられなくなるんですね。

めちゃ大変なことになります。

うーん、なんかアンニュイな感じ。

3音で構成するトライアドではこの知識がすごく役に立つので、覚えておきましょう!

トライアドを徹底解説した教材

このような知識を使ってトライアドをマスターする教材が「トライアドのレシピ」です。

弦のインターバルはもちろん、縦、横、ナナメを使ったトライアド攻略、トライアドに1音足したアドリブ、トライアドに横スケールを追加したアドリブなど、アイデア満載で解説します。

トライアドに取り組んだことのないギタリストにオススメです。

・動画10本(2時間00分)
・PDF19ページ

■オンライン版 3,980円
⇒詳細はこちら

■5ヶ月で基礎から実践まで学ぶスタンダードコースでも視聴可
(オンライン版限定のセット割引)
⇒詳細はこちら

※決済はクレジットカード/銀行振込み

関連記事

  1. コンテストに潜むアイツとの戦い!
  2. 聞いただけで分かるギタリスト
  3. 音のキャラクターを見抜く!
  4. 歌い出すとみんなが黙って聴き入る歌声に
  5. こんな譜面、見たことありますか?
  6. 【ブルーノマーズ「Treasure」】まさにカッティングのお手本…
  7. サウンド判断の難しさ
  8. 立ってギターを弾いてみる

ギターのレシピ最新教材

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP