ブログコンテンツ

今弾いてもムズー!ベンチャーズ「10番街の殺人」

ギターのレシピの山脇オサムです。

ベンチャーズの「10番街の殺人」を弾いてみました。

 

練習してた中学生の頃はすごく苦戦したんですけど、今弾いてもムズー。ニュアンス寄せようと思うと余計にムズー。笑

でも素晴らしい曲ですね、ホントに。曲名からは想像できないくらい渋い曲です。

最初は思い出しながら弾いてたんですけど、僕の中には、

・ノーキー・エドワーズ
・寺内タケシ
・ジェリー・マギー

の3人のフレーズがインプットされてるので、「一体どのスタイルで行くんだい」というのが最初のハードルです。

ノーキーさんはカントリーなニュアンスがありますし、寺内さんはダイナミックなタッチが必要、ジェリーさんは繊細なフレージング。

それぞれ微妙にフレーズが違うし、同じメロディでもポジションが違うんですよね。ポジションが違うと弦が変わってトーンも変わるのでニュアンスが離れてしまいます。

ここで結構悩んだんですけど、結局ノーキーさんと寺内さんを足したような感じになりました。

サウンドに関しては完全に65年に来日した時のノーキーさんのサウンドを目指してます。僕はこの時のサウンドがすんごく好きです。

やっぱりベンチャーズは少しドライブがかかってテンポが早いほうが好きです。もっと言うとメル・テイラーのグルーヴが必要不可欠です。

後半のKey=C#になるところは今弾いても本当にムズい。音をつなげて弾くのがなんかもうギリッギリなんですよね。笑

上手い人と下手な人の決定的な違いって「音の繋がり」なので、ここはどうしてもクリアしたいところです。

ワイドストレッチで5,6弦だけで弾くのか、4,5,6弦使って弾くのか悩んだんですけど、音の繋がりは断然ワイドストレッチの5,6弦の方が良いのでそちらを採用。

中学の頃こんなワイドで弾いたっけなぁ〜?と思いましたけど、多分弾いてないですね。

4,5,6弦で弾いてたのを指がかすかに覚えてます。少年の頃は「音の繋がり」なんて関係ないですからね。笑

ちなみに終わり方はノーキースタイルを採用しました。低音に3度がくるやつですね。分かってくれたら、オサム、超うれしー!!

関連記事

  1. 涙が出る三味線と唄
  2. ギターを挫折しない人の3つの共通点
  3. 聞いただけで分かるギタリスト
  4. 【ブルーノマーズ「Treasure」】まさにカッティングのお手本…
  5. 立ってギターを弾いてみる
  6. 童謡「桃太郎」をおもしろアレンジ
  7. ギターは弾けば弾くほど音が良くなるのか!?
  8. 簡単にできるネック調整方法

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP