ブログコンテンツ

これが歌う時の究極の体勢

こんにちは、シンガーAMBIです。

今回の教材で解説している「インナーユニット」について少し話したいと思います。

初めて聞く方も多いと思いますが、簡単に言えば下半身・下半身・腰回りなどにコルセット状に付いている筋力の事を言います。

ボイトレを追求していくと「スポーツに近い」と実感したんですが、少し違うのが、部分的に強化させながら部分的にリラックスさせる、ということです。

これを同時にやるのが歌う時の体勢なんです。

ここで言っちゃいますが、インナーユニットはガチガチに力を入れて上半身はリラックス。

これが歌う時の究極の体勢です。

初めてやる方は違和感しかないと思います。

レッスンの時、器用な人の方が「あー!こー言う事ね!」と感覚的に分かってくれる事が多い気もしますが、不器用な方も発声時の態勢などを色々変えて何度も発声を繰り返して、私が「それ!!今の声!!!」と 興奮気味で教えていくと、「あー、確かに今の方が声出しやすかったですね」と徐々に感覚が分かっていきます。

この感覚が分かると声量もどんどんアップしていきます。

声の出し方で印象は変わる!

ぜひ自信に満ち溢れた説得力のある声を身につけましょう!

■詳細は画像をクリック
・動画6本(38分)

■オンライン版 1,500円
⇒クレジットカード決済はこちら
⇒PayPal決済はこちら
⇒銀行振込みはこちら
(ボーカルのレシピ〜声量アップ編〜)

関連記事

  1. 愛してるって言うために電話したんだぜ
  2. 弾けてる人と弾けてない人の違いとは?
  3. アフリカのリズムってどうやってできたの!?
  4. すぐにできるチューニングを安定させる方法
  5. 常識外のリズムギターを発見!
  6. リフが最高!ブルーノマーズの「Runaway Baby」を弾いて…
  7. ルート音を聞き取る絶好のタイミングとは?
  8. コピーしたフレーズを実践で使う方法

ギターのレシピ最新教材

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP