ブログコンテンツ

バンドにギターが2人。その役割分担とは?

山脇オサムです。

今週の見放題コースの新着動画は「バンドにギターが2人。その役割分担とは?」です。

「コードバッキングでノリを決める」

毎月ギターのレシピのバンド部を開催してるんですが、毎回練習テーマになるのがツインギターの役割分担です。

2人ともコードをジャガジャガ弾くとサウンドもリズムも大渋滞してしまいます。

そんな時は、コードバッキングと単音カッティングに分けるのがオススメです。

ジャンルによっていろんな方法がありますけど、今回は「What’s going on」がテーマです。

まずコードバッキング。

とにかくシンプルにすることです。ボイシングも2種類あればもう十分。

ここで意識すべきはタイトさです。

ストロークとスタッカートを緩くしてルーズなノリにするのか、キレッキレにしてタイトにするのか。

どっちが正解とかはなく、バンドのノリがとっちかで決めると良いです。

リズムパターンはシンプルに!

「単音はペンタかメジャー7thか」

そして単音カッティング。

ポイントはゴーストノートを出すことです。

ストロークと同じで要領で常にオルタネイトの動きをしながら、ゴーストノートを混ぜて弾きます。

これでグルーヴ感がアップ。

そして使う音。

メジャーペンタを使うのか、メジャー7thを使うのか。

ここで雰囲気がかなり変わります。

僕がオススメするのが動画の後半で解説している「メジャー7thのハモリのカッティング」。

すこぶる使えるのでレッツチャレンジ!

■動画はこちら

■この動画はギターのレシピの「見放題コース(月額980円)」メンバーのみ視聴できます。
⇒見放題コースの詳細はこちら

関連記事

  1. 飲み会セッションでこんなことを感じた!
  2. 引き算のサウンドテクニック
  3. セッションが上手い人ってこういう人
  4. トミー・エマニュエルのドラマーなバッキング
  5. グルーヴのあるギターを弾くには?
  6. フィードバックを作ってみよう!
  7. 手でコード進行を指定する
  8. ライブではテクニックよりもコレ

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP