ブログコンテンツ

【大阪セッション】Isn’t She Lovelyのバッキング解説

ギターのレシピの山脇オサムです。

11/9に開催する大阪セッションでやる曲は、ブルースとスタンドバイミーに加えて、

■Isn’t She Lovely

■Cissy Strut

もスタンバイしてます。

・AブルースはAマイナーペンタ
・Isn’t She LovelyはC#マイナーペンタ(少し力技だけど)
・Cissy StrutはCマイナーペンタ

とマイナーペンタで弾けるのでアドリブソロは手軽に楽しめると思います。

ポイントはやっぱりバッキング!コードが弾けて始めてバンドセッションですからね。

とはいえ、無理してフルコード押さえる必要はないです。シンプルなパワーコードでもOKです。その分リズムをしっかり刻む。ここができればセッションでは十分なのです。

「Isn’t She Lovely」コードについてはこの動画で解説してるので、セッションに参加する人もしない人もぜひ練習してみてください。「ここだけ弾いてれば大丈夫!」というおいしい音も解説してます。

これまで大阪セッションに参加された方の感想をご紹介します

セッション初参加でしたが、師匠の分かりやすい説明とあたたかい雰囲気の中でとても気持ちの良いセッションができました。

今まで家でしか弾いたことがなかった私でも、みなさんと一緒にセッションデビューでき、とても充実した時間でした。山脇飲み会セッションは、行ったもん勝ちです。(F.N)


第1回開催の時、初めて参加しました。

その時は、ギターも持たずにとりあえずどんな感じかなーって思って参加したんですけどオサム師匠にも近くで合えたし、あたらしいギター仲間と交流できて、めっちゃ楽しく飲めました(笑)。去年は、セミナーも参加して、セッションも参加しました。もちろんギターを持っていって。

セミナーはなかなかわかりやすくて「あっ、そういう風に弾くんだ!」みたいなことがたくさんあり勉強になりました。

そしてその後のセッションはほんとに大盛り上がりで、めっちゃ楽しく最後 は酒もすすんでみんなノリノリでした。

迷っておられる方、こんな感じですから、ぜひ「だまされた」と思って(笑)一度参加してみてください。違う意味でめっちゃだまされますから・・・(笑)、ぜひ、一緒にセッションやりましょう!(F.S)


うまく弾けないし、迷惑かけそうで~なんて思ってませんか?

山脇さんのセミナーはまさにそういう人のためのものなんです。チョーキングがうまくできないとか、スライドがうまくできないとか、みんなそれぞれ悩みがあるんですね。一番ガツンとくる解決法はうまい人のプレイを生で見る!これに限ります。

さらに山脇さんが直に解説してくれるんです。参加しない理由がありません!!!まぁ、理解しても練習しないと自分のモノにはならないんですがぁ~~(^_^;) (S.K)


僕は少人数レッスンでは、主にチョーキングビブラートを教えてもらいましたが、手元を至近距離で見ることができ参考になりました。特に左手の親指の位置やネックの裏側で親指と人差し指の握りにどれだけ空間があるかなど見せてもらえたのが良かったです。

微妙なところですがビデオ映像だと分からない部分なので生のレッスンならではの利点かと思います。(W.K)

■セッションの予約はこちら

関連記事

  1. リズムの動きを目で見る
  2. ジャジィな日本人ギタリストのセッション
  3. 知らなきゃグダグダ!?セッションで使われる合図
  4. セッションを盛り上げるフレーズテクニック
  5. リズムとメロディのスィートスポットを見つけるべし!
  6. ライブで弦が切れたときの対処法
  7. 70年代初期のツインリバーブとハーフトーン
  8. コード弾きと単音弾きのバランス

最近の記事

PAGE TOP