ブログコンテンツ

やばいギターサウンドの共通点

山脇オサムです。

「実はそんなに歪んでない」

僕はバンド生活が長かったのでこれまでにいろんなバンドサウンドを聞いてきたんですけど、たまに「このギターサウンドやばい!」っていうギタリストに出会うんです。

僕達の言う「やばい」というのは音が太くて抜けが良いことなんですけど、実際にここを再現するのはなかなか難しいんですよね。

勢いを出したいからってガンガン歪ませると音が潰れて理想から遠ざかっていくっていう。すごくバランスが難しいところなんです。

で、そのやばいサウンドを出してるギタリスト達を観察してみるといろいろ共通点があったんです。

まず、歪みの量です。

バンド全体で聞くとガツン!と歪んでるように聞こえるんですけど、ギター単体で聞くと実はそんなに歪んでないんですよね。

パワーコードをミュートして弾いても「ズンズン」ではなくて「ゴンゴン」なんです。

文字での表現は難しいですけど、音が潰れてないっていう意味での「ゴンゴン」な感じなんです。「ゴンゴン」ではなく「コンコン」って表現しても良いくらいです。(ズンズンはメタルやミクスチャー寄り)

単体で聞くとそこまで歪んではないんですけど、そこにドラムやベースが絡むとちょうど良いサウンドになるんですよね。(これがバンドマジック)

で、歪みの量が少なくて音抜けもバツグンなので、ちょっとしたコードアレンジやオブリガードがしっかり聞こえて、バンドとしてのクオリティも自然と上がるんです。

 

「ギター弾いてる!って感じのギター」

そしてもう1つはギター本体のセッティングです。

いろいろ弾かせてもらうと分かるんですけど、そういうギターはネックの状態や弦高がしっかり調整されてるんです。

ネックを握ると「おぉ、ギターを弾いてる」って感じがするんですよね。

弦高調整がしっかり出来てると張力や弦振動が最大限発揮できるので1音の迫力が増します

そうするとギター自体の鳴りが良くなって当然サウンドも良くなってくる、ということなんです。

この辺はみんな結構共通してました。

あと機材もシンプルな人が多かったように思います。基本はチューブでサウンドを作って色付けで少しだけエフェクターがあるっていう。

まぁその辺はバンドスタイルによって全然違ってくるとは思うんですけども。

とにかく、バンドでも埋もれないサウンドには「歪みの量」と「ギターのセッティング」がとても大事です!

関連記事

  1. セッションを盛り上げるフレーズテクニック
  2. コードを凌ぐアレンジのパワー
  3. 手でコード進行を表す
  4. 6弦で7弦ギターのサウンドを出す
  5. コード弾きと単音弾きのバランス
  6. 手でコード進行を指定する
  7. ギターが2人いたらどう弾く!?
  8. バンドのリズムを鍛える方法

最近の記事

PAGE TOP