ブログコンテンツ

実践的なコードワークに必要なシェイプ

山脇オサムです。

「コードシェイプを変えてみる」

コードを身に付ける方法としてオススメなのが、「あまりポジションを移動しないでコードを弾いていく」という方法です。

「なるべく楽をしよう!」という発想ではなくてあくまでコードシェイプを身に付けるための練習方法です。(多少楽をしたい気持ちはある)

例えばC⇒F⇒Gというコードの場合。

すべて6弦ルートEシェイプでやってしまうと結構な横移動がありますよね。

コードフォームは同じなので指を変える手間が省けて楽なんですけど、どうしても横移動が長くなってしまいます。

そういう時に活用するのがコードシェイプの切り替えです。

例えばC⇒F⇒Gというコード進行を、(ポジションは違うのでシェイプのみ参考にしてください)

■C=5弦ルートAシェイプ

■F=6弦ルートEシェイプ

■G=6弦ルートEシェイプ

で弾くようにするとかなり横移動が少なくなってコードチェンジのタイムラグも少なくすることができます。

もっと横移動を少なくすると、

■C=6弦ルートEシェイプ

■F=5弦ルートAシェイプ

■G=5弦ルートCシェイプ

こうするとほぼ同じポジションでコードを展開することができます。

こうやって、もっと近いポジションで弾けないかな?という攻め方でやってみると自然とコードシェイプの上手な使い方が身に付くと思います。


「最終的にはカッコいいかどうか」

でもコードの使い方でもっと効果的なのは、ポジションを優先するのではなくてコードの雰囲気を優先することです。

例えば力強く正当な雰囲気で攻めたい時は、多少コードの横移動があって弾きにくかったとしても全部6弦ルートEシェイプで弾いた方が雰囲気的にはバツグンに良かったりします。

コードの性質(メジャーかマイナーか)を全面に出してドラマチックにしたい時は3度の音がトップノートに来る5弦ルートCシェイプを使いまくるとか。

やっぱり最終的には「効率よく弾けるか」ではなくて「曲をカッコよくできるか」がポイントになるのは間違いないです。

そのためにもまずはいろんなシェイプを覚えるのがオススメ、ということですね!


■この曲のバッキング編でいろんなコードを解説しています
※テレビ番組のBGMとしても使われているオリジナルの楽曲です

 

関連記事

  1. C6とC13の違いって何?
  2. 11thはマイケルのハットよろしく!
  3. マイナーコードを攻略する中指の使い方
  4. ラウル・ミドンから技を盗む!
  5. 不協和音を使ったカッコいいコード
  6. 【動画で検証】6弦ギターで7弦ギターのサウンドを出す!
  7. そもそもテンションって何!?
  8. 意外と難しいDコードを攻略する

最近の記事

PAGE TOP