ブログコンテンツ

ドロップDチューニングで結婚式

山脇オサムです。

「メタルな結婚式」

結婚式でギターを弾く。

僕もこれまでたくさんやってきました。ある時はエレキで「20th century boy」を。ある時は「浪漫飛行」を。ある時はキルビルのテーマを。

新郎新婦のリクエストに答えてあらゆる曲を弾いてきたんですけど、これはあくまで「第3者として盛り上げる」という仕事でやってることです。

でもこの結婚式。新郎新婦がギター弾いちゃってます。しかもゴリゴリのメタルサウンドで弾く名曲カノン。

 

なんかオモロイ!なんか絵がオモロイ!僕、この発想はなかったですねー。入場曲を自分で弾いちゃうっていう。

新郎が新婦に歌を捧げる演出とかあまり好きじゃないんですけど、これはなんか良いですね。メタルなカノンってところが好きです。これがボサノヴァだったら・・いや、それはそれでめちゃめちゃオモロイな。爆笑

 

「パワーコードが超簡単に!」

奥さんの弾いてるギターはドロップDチューニングと言って、6弦を1音下げてDまで落としてます

そうするとよりメタルな低音が出るのでラウドなバンド上がりの僕達には王道なんですけど、サウンドだけじゃなくてパワーコードが指一本で弾ける、というメリットもあるんです。

ドロップDにすると6弦開放がD5弦開放がAですよね。この2本の開放弦を鳴らすとDのパワーコードになるんです。何にも押さえてない状況で。

なのでコードを変える時も指を寝かせて5.6弦を一気に押さえちゃえばいいんです。動画をよく見るとそう弾いてます。

まぁこれは奥さんに対しての気遣いでしょうけどね。

指を寝かせて押さえるので爪を切る必要もないしっていう。

これ、ドロップDの知識がなかったら

「パワーコードを押さえるために爪を切ってくれ!」
「いやよ!せっかくの結婚式なのに!」
「頼む!メタルだからパワーコードが絶対いるんだ!」
「絶対イヤ!っていうかパワーコードって何!?」

という事になって結婚の危機になってたかも知れないですからね。ドロップDに感謝です。

ギター教材ランキングはこちら

 

 

関連記事

  1. ロベンフォードからコードを学ぼう!
  2. 実践的なコードワークに必要なシェイプ
  3. インパクトのあるマイナーコード
  4. 4和音とテンションを弾き比べてみた
  5. Fコードを攻略する秘訣
  6. 意外と難しいDコードを攻略する
  7. 「Let it be」をルーパー使って弾いてみた
  8. 「基礎トレのレシピ〜コード編〜」登場!

【人気】ギターのレシピ定額コース

友達登録1,000名突破

最近の記事

PAGE TOP