ブログコンテンツ

意外と難しいDコードを攻略する

山脇オサムです。

「そもそもどうやってミュートするの?」

開放弦が入ったオープンコードで意外と難しいのがDコードです。

Dコードの押さえ方は、

・1弦2F中指
・2弦3F薬指
・3弦2F人差し指

に加えて4弦の開放弦。

ここまでは簡単だと思うんですけど、何が難しいってミュートなんですよね。

要するに実際に出す音以外の音をミュートしなきゃいけない。

なんでミュートがいるの?というのは、コードを弾く時のストロークはサウンドにキレを出すために実際に出す音以外の弦も一緒に弾くからです。だからそこをミュートしなきゃいけない。

で、Dのオープンコードでミュートする音は5弦と6弦です。

6弦は簡単ですよね。親指をネックからひょこっと出して6弦に軽く触れておけばOK。

問題は5弦です。

ここをミュートするのが難しいんです!

だってどうやってミュートするんですか?

人差し指、中指、薬指は押し弦で使ってるので小指?小指の先端を5弦に軽く触れておく?

ムリムリムリ!難しすぎる!

じゃあストロークで4弦からヒットさせるようにする?

イヤイヤイヤ!そんなコントロールも無理!

バスケの試合終了間際にリングに向かってフルスイングで投げるシュート以上のコントロールがいります。

 

「親指を出すかもう一緒に弾いちゃう」

じゃあどうするのか。

もう親指でやるしかないと思うんです。

すでに6弦をミュートしてる親指をもっとグッと出して5弦まで届かせるんです。

これしかないとも思うんですけど、これがやってみると難しいんですよね。

親指を出しすぎるとフォームのバランスが崩れたり、6弦を押さえすぎて音が鳴っちゃったり。

なかなか難しいんです。

で、もっと難しいのが手が小さい人。特に女性の方。

女性の手の大きさじゃ正直このミュートはかなり難しいと思います。

「じゃあどうすんのさ?」という事なんですけど、いっそのこと5弦解放は鳴らしちゃうのが一番の解決策だと思います。

どっちなんだよ!って話なんですけど。笑

5弦解放の音ってDコードに対して5度の音なので相性が良いんですね。

だから一緒に鳴らしても問題はないんです。

ただ、ルートの音よりもさらに下に5度が来るのでコードの響きがちょっと濁る、というデメリットがあるんです。

ここだけです。ここが雰囲気的に大丈夫であればもう5弦解放も一緒に鳴らして良いと思います。

タブ譜でも5弦にミュートマーク(☓)が付いてないものも多いですしね。

Dコード攻略として参考にして頂ければと思います!

ちなみに僕はどうしても4弦から鳴らしたい派なので親指でミュートしてます。

■コードの基礎理論はこちら

 

 

関連記事

  1. シェイプを変えるとコードの雰囲気も変わる
  2. このコード、どの指から押さえる!?
  3. 【動画で検証】6弦ギターで7弦ギターのサウンドを出す!
  4. ラウル・ミドンから技を盗む!
  5. スカウターでコードを見てみる
  6. このシンプルなコード進行をどう弾きますか!?
  7. コードってどうやって作るの?
  8. 4和音にするだけでこんなにお洒落に!

最近の記事

PAGE TOP