ブログコンテンツ

組み合わせてみよう!3種類の歪みエフェクター

ヘルニアエフェクトボードデザインの根尾です。

ボードの製作例は色々あっても、実際の使い方を詳しく書いてるサイトはあまりないのでは?と、思ったので基本的なエフェクターの使用方法を織り交ぜながら、HNEBDデモボードのリアルな使用状況を書いてみたいと思います。

「コンパクトエフェクターでベストメンバーを集結!

デモボードには複数入っていますが、すべてをオンで使うことはありません。

マルチエフェクターをイメージしてください。マルチに入ってるエフェクターが全部オンだとそこはカオスです。

・不要なものはなくして好きなペダルを組める
・コンパクトでベストメンバーを集結してマルチな音色を作れる

これが最大のメリットです。

マルチと同じく、コンパクトエフェクターもこの中の何個かを組み合わせて音づくりしています。

より快適にするのがスイッチャーやジャンクションボックスですが、この辺については次回以降、詳しく書いていきます。

セッティング時間が短縮できるのも大きなメリットですよね。

.電源確保
.ギターからボードに接続
.ボードからアンプに接続

この3ステップだけですぐに演奏が可能です。スタジオ練習はもちろん、ライブのセッティングやハケる時もすんなりスムーズです。

「みんな大好き、歪み系!

歪み系はこの部分ですね。左上の白っぽいのは見なかったことにしてください。

デモボードの歪み系はこの3つ、接続順は歪みのキャラクターが控えめものから強めになるようにしています。

KLON / KTR : オーバードライブ(右上)
↓↓↓

VEMURAM / Jan Ray : オーバードライブ(左下)
↓↓↓

OKKO / DOMINATOR : ディストーション(右下)

この3機種でいろんな組み合わせができるので紹介していきましょう!組み合わせは9パターンです。

まずはそれぞれ単体で使うパターンですよね。

#1. KLON 単体
#2. VEMURAM 単体
#3. OKKO 単体

そしてここからが組み合わせの本番!

紹介する画像はつまみのセッティングもそれぞれ変えてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

単体使用や#4・#5の組み合わせで使うことが多いですが、ディストーションがいらない場合は#7#9のようにゲインをしぼって後段ブースターとして使います。

#9はガラッと歪みのキャラクターを変えたい時に使います。

たった3つだけでもこんなに使い方があるので、どの場面でどの組み合わせを使うのか、いろいろと試してみてください。

各エフェクターの詳しい使い方は、次回の記事で解説していきます!

根尾悠のメールマガジン(読者1万名)

毎週月曜日に配信される根尾悠の最新エフェクターコンテンツ。現在約10,000名のギタリストが登録しています。無料のメールマガジンですのでぜひご登録ください。

■登録はこちら

■こんな内容を毎週配信しています
・エフェクトボードの必須アイテム「ジャンクションボックス」
・ブースターって最初に繋ぐ?最後に繋ぐ?
・エフェクターのノイズが酷い時の対策
・エフェクターに貼るマジックテープ
・危険!エフェクターが故障する原因
・帰ってきたEpブースター
・MIDIを使うと超便利になる!
などなど

関連記事

  1. コンパクトサイズの極み!マイミニマム
  2. クロマチック or ポリフォニック
  3. OKKO FX よからぬ名前のエフェクター
  4. シンプルなエフェクトボード
  5. スタック式パワーサプライでボード製作
  6. 【エフェクトボード】マジックテープの重要性
  7. ストロングになったチューブスクリーマー
  8. ワウロッカー!

最近の記事

PAGE TOP