ブログコンテンツ

超使えるペンタ攻略法

山脇オサムです。

スタンドバイミーで有名な超定番コード進行「1645」

Key=AならA⇒F#m⇒D⇒Eというコード進行なんですけど、このコード進行にピッタリ合わせるアドリブ方法がこちらです。

■解説動画

※「アドリブのレシピ〜1645コードを攻略する〜山脇流メロディアスなアドリブ方法」から抜粋

■ダイアグラム

ちゃんとスケールを弾いてるのに微妙に外れたアドリブになるのはなぜ・・・?という疑問はこの方法でかなり解決できます。

ポイントはA・F#m・D・E、各コードを作っている「コードトーン」を重点的に使うことです。これだけでアドリブのコード感はめちゃくちゃ出てきます。

「おぉ!コードに合ったアドリブになってる!なんか気持ちいい!お尻がヒヤヒヤする!」とテンションが上がります。

簡単に言うと「郷に入れば郷に従え」なんですよね。

同じスケールを使ってても、コードがAならAに合った使い方をする、F#mに変わったらF#mに合った使い方をする

そのルールに従うんです。

外国に行けば使う言葉や仕草が変わります。「ありがとう」と伝える行動は同じだけど、「サンキュー」とか「グラシアス」とか「シェイシェイ」とか言葉が違ってくるっていう。

アドリブで言うところのルールがコードトーンなんです。

コードトーンをちゃんと理解して弾けるようになるとアドリブ大好きアドリバーとしては一人前だと思います。

ダイアグラムが結構分かりやすいのでぜひチャレンジしてみて下さい。

アドリブの考え方、変わると思いますよ!

■もっと詳しい解説はこちら

 

関連記事

  1. ペンタはシンプルだからこそ難しい
  2. ポール・ギルバートの3オクターブフレーズ
  3. マイケルも惚れた単音カッティング
  4. フレーズを新鮮にする方法
  5. 1弦につき1音か2音しか弾かない
  6. 即使える!ブルージィで群青色な音
  7. アームを使って歌心を出す
  8. チョーキングしながらタッピングを入れる!

最近の記事

PAGE TOP