ブログコンテンツ

「スタンドバイミー」をメロディアスに弾くアドリブ術

ギターのレシピの山脇オサムです。

「スタンドバイミー」で有名な超定番コード進行で、通称「1645」と言われるコード進行があります。

Key=Aなら|A|F#m|D|E|です。

このコード進行にピッタリ合わせるアドリブ方法を解説しました。

■スタンドバイミーで使えるペンタのアドリブ術
※「アドリブのレシピ〜1645コードを攻略する〜」より


ちゃんとスケールを弾いてるのに微妙に外れたアドリブになるのはなぜ・・・?という疑問はこれでかなり解決できます。

ポイントは各コードを作っている「コードトーン」を使うことで、コードがAならAに合った使い方、F#mならF#mに合った使い方をするんです。

これだけで本当に変わります。

 

すべてのコードにキッチリ合わせる必要はなく、このコードだけはちゃんとコードトーンを弾くようにしよう!という意識だけでまったく問題ありません。

「曲に合ったアドリブが弾けてるぅ〜…」と実感できます。

すべてのジャンルや曲で使える方法なので、ギターをアンプに繋いで(ここ重要)チャレンジしてみて下さい!

アドリブのレシピ〜1645コードをメロディアスに攻略する〜

レッスンの続きはギターのレシピの教材「アドリブのレシピ〜1645コードをメロディアスに攻略する〜」より視聴できます。

■詳しくはこちら

■DVDはこちら(Amazon)

 

関連記事

  1. アドリブでペンタをカッコよく弾く方法
  2. ブルースで使える3つのスケール
  3. なぜか無性に聞きたくなるこのフレーズ
  4. 簡単にフレーズの幅を広げるアイデア
  5. スライドを使ったロベン・フォードフレーズ
  6. ゲキムズ!寺内タケシ流の高速♭5フレーズ
  7. メロディアスなアドリブの効果
  8. フレーズが歌うテクニック

最近の記事

PAGE TOP