ブログコンテンツ

「Feel like makin’ love」を弾いてみた!

新型iPhoneの発表を夜中2時からリアルタイムでみてました。

すごーく未来的なアイテムなんですけど、そんなiPhoneを使ってても雨が降ってきたら走って家に帰ってワサワサ洗濯物しまうんだよな〜と、デジタルとアナログの狭間でアンニュイな気持ちになりました。

どうも、山脇オサムです。

 

「実はイヤラシイコード展開」

今回は、セッションでも定番の「Feel like makin love」を弾いみました。

 

全部アドリブじゃなく多少フレーズを考えたので指が迷うことなく気持ちよく弾けました。

僕の永遠のテーマである「エロく弾く」もなかなかいい感じに弾けた気がしてます。ジーパンに無地の白Tシャツという格好が山脇っぽいですね。笑 服はシンプルなやつが好きなんですよ。

この曲、じつは結構イヤラシイコード展開なんですよね。そこ来るかね!っていう展開があるので、同じスケール1発でおりゃー!と弾きまくると微妙な感じになるんです。

真っ直ぐな道を安心して走ってたら急にS字カーブが出てきた!って感じですね。しかも乗ってる車がミッションっていう。笑

ブレーキ踏んでクラッチ踏んで2速に落としてからカーブの出口で3速に上げて・・・あーごっつややこしい!っていう感じなんです。

なのでこの曲でアドリブするには、最初にコード展開を理解することが大事なんですね。どこにS字があるか分かっとくと準備できますから。

 

「歌メロをエロく弾こう!」

でもいきなりアドリブってなるとなかなか難しいので、まずは歌メロをコピーしてそれをいかにエロく弾くか?を楽しんでみると面白いと思います。

歌メロはこちら。

 

僕も動画では0:00〜0:45で歌メロを弾いてます。

すごくシンプルなメロディなのでアレンジできる隙間がたくさんあって、自分のフィーリングをグイグイ出せるのでところなんですよね。

僕はエロくするために、

・ソフトなピッキング
・音を繋げるスライド

を意識して弾きました。

特にスライドは簡単にできて効果的です。スライド目線で歌メロ部分を見てみると、どんな感じで使われているのかがよく分かると思います!

あ、バッキングトラックはこれを使ってます。(コードも表示されてて最高!)

 

ぜひこのトラックに合わせて弾いてみて下さい。歌メロのコピーだけでもニヤニヤできますよ!

ちなみに今回使ってるギターは、ちょっと前に遊びに行った沖縄で現地の友達がくれたエピフォンのシェラトンです。

ユーザーさんとのオフ会でセッションやってたら友達が乱入してきて、盛り上がった勢いでギターくれる約束したんですよね。笑

 

関連記事

  1. 休符とコードトーンのパワー
  2. ハーモニクスを使った効果音フレーズ
  3. 最優秀賞と山脇の演奏を聞き比べ
  4. ペンタはシンプルだからこそ難しい
  5. 簡単にフレーズの幅を広げるアイデア
  6. いつもと違うメロディを作るには
  7. チョーキングしながらタッピングを入れる!
  8. スウィープに使えるハッタリテクニック

最近の記事

PAGE TOP