ブログコンテンツ

ジュリアン・ラージのめちゃ参考になる動画

どうも、山脇オサムです。

「洗練されたジュリアンフレーズ」

先日紹介した超技巧派の若手ギタリスト、ジュリアン・ラージの動画。

めちゃくちゃ参考になりますよね。あ、今月号のギタマガでも特集やってます。

ボイシングの考え方とかすごいなーと思います。

なんか自由ぅ〜。バンバン面白いコードが出てきますもんね。

まぁ自由というのは一番難しいところでもあるのですが。

で、考え方よりもステキなのがさり気なく弾くフレーズたち。

めちゃめちゃカッコいい。ロックやブルースとはまた違った洗練された雰囲気。フレーズの端々にセンスが散りばめられてます。

「メジャースケールがこんなにカッコ良く!?」

その中で面白いのが、メジャースケールの練習フレーズ。

メジャースケールっていわゆるドレミファソラシドなので、どうしてもありがちなメロディになりがちなんですけど、ジュリアンラージが弾いてるフレーズはなんか超洗練されてるんです。使ってるのはメジャースケールなのに。

指をパッカーンと開くワイドストレッチ奏法と音の選び方でそんなフレーズになってるんですけど、思わず耳コピしちゃいました。

動画の35分くらいから。(結構大変だった!)

実際に弾いてみると、すんごーくナイスなフレーズ。

今まで自分が弾いたことのない指を使いなので、出てくるメロディもすごく新鮮。いろんなテクニックが詰まってるんです。

僕も結構弾き込んだんですけど、かなり良い練習になるので今週の見放題コースで解説しようと思います。

ゆっくり弾いた方が指の訓練になるかもですね。お楽しみに!

関連記事

  1. エイモス・ギャレットのスティール奏法
  2. 【ブルースに最高】マイナーペンタとメジャーペンタの融合ポジション…
  3. ペンタに必要なのはこれ!
  4. アドリブのレベルを上げる2つの秘訣
  5. メタルに欠かせない速弾き奏法
  6. フレーズに自分色をつける方法
  7. 歌メロをカバーする時のコツ
  8. ブルースで使える3つのスケール

最近の記事

PAGE TOP