ブログコンテンツ

チョーキングの上手いorヘタの違い

海外のオモチャを売ってるお店でKTMのモトクロッサーを発見してテンションぶち上がった山脇オサムです。

KTMってところがなんとも言えない。笑 オーストリアのお店なのかな? ちなみに「5」は僕が画像に付けました。(ライアン・ダンジーね!)

さて、先日の見放題コースのキャンペーンで加入された方から、 「最終的にブルースのアドリブを弾きたいのですが、何から始めれば良いですか?まだ初心者です」 という質問がありました。

そういう方はまず「脱初心者コース」からはじめて下さい。 ⇒脱初心者コースはこちら

「俺、中級者だしぃー」

と90年代のアムラー女子高生のような口調であなどってはいけません。 中級者と思っている方にも(方こそ)見てほしいんです。

例えばチョーキング1つ取っても、上手い人とヘタな人ではあきらかに違いがありますよね。 これ、どこが原因か分かりますか?1音キッチリ上げられるかどうか、、、ではないんです。

スタートとゴールの音が鳴っているか?

なんです。 要するに、、、

・スタートの音
・チョーキングで上げた音
・ゴールの音

の合計3音を出せるかどうか、なんですね。 (脱初心者コースの「基礎トレのレシピ〜フレーズ編〜」で解説してます)

で、ブルースにもチョーキングはガッツリ出てきますよね。 この基本ができてないと、いくらアドリブの方法がわかっても全然ブルージィにならないんです。

急がば回れ、、、いや、基礎から始めるのがマジで一番近道なんだと思います!
↓↓↓

 

関連記事

  1. ハーモニクスを使った効果音フレーズ
  2. 【ブルース】マイナーペンタに1音足してコード感を出せ!
  3. ペンタをブルージィに弾く方法
  4. 派手さを演出するビブラートの使い方
  5. トライアドをカッコ良く弾くコツ
  6. ペダルとスライドを使ったフレージング
  7. スケールを覚えてもアドリブがイケてない!?
  8. ペンタに必要なのはこれ!

最近の記事

PAGE TOP