ブログコンテンツ

レベルが上がるアドリブのポイント

山脇オサムです。

「コードの雰囲気を出す」

アドリブにもいろんなやり方があって、セッションのように最初から最後までアドリブで演奏することもあれば、曲の一部だけアドリブで演奏する場合もあります。

例えばドミナント7thと言われるコードやその曲を象徴するコード。Key=CのあればG7のドミナントFmのサブドミナントマイナーなどです。

このコードにピンポイントに合わせてアドリブを仕掛けていくんです。

大事なのはそのピンポイントのコードをできる限り使い倒すことです。

メジャースケール一発で弾けるからといってただスケールをなぞるだけではなく、そのコードに合ったスケールを理解して、さらにそのコードのおいしい音を上手く使うんです。

持ってる服を適当に着るのではなくて、美術館に行くなら紺色の細身のパンツ、動物園に行くなら明細のハーフパンツ、スケボーするなら茶色のDickies、みたいに場所の雰囲気に合わせる感じです。(なんとなくのイメージ)

昔、フェラーリやベントレーを売ってるCORNESという代理店にサンダルで入りそうになって「さすがにこれはダメだろ」と引き返した事があります。せめてVANSは履かないと。笑

ファントムとか目の前で見るとかなりモチベーション上がりますからね。

で、服装を曲で言うと、コードトーンを使ったりチョーキングを使ったりマイナー3rdをいじってみたり、という感じです。

「使い倒す」と言っても別に弾きまくる必要はなくて、おいしい音を1音で良いのでじっくり弾くだけでものすご〜く効果的です。

その「おいしい音」はたいがいコードトーンなんですけどね。

こうすることで曲を象徴するコードがより豊かに聞こえてきて、曲の雰囲気も盛り上がってくるんです。

もちろんアドリブなので曲の雰囲気だけではなく自分の個性を出すことも忘れずに!

 

「次を必ず意識する」

そして一部分だけアドリブをする時のポイントがもう一つ。

それは「次のセクションにしっかり入ること」です。

アドリブをしていると頭がそこ一色になってしまうんですけど、一部分だけのアドリブと言う事はその続きがありますよね。

Bメロの最後にアドリブをしたら次のセクションはサビ、みたいに。

そこにしっかりと合わせることができて初めてアドリブが生きてくるんです。

遠足でも「ちゃんと片付けて家に帰るまでが遠足!」とよく言われましたよね。それと同じです。

次のセクションにしっかり繋げてはじめて「アドリブ成功!」なんです。

なのでアドリブを弾いている時は、頭の片隅では次のセクションのことを考えている感じなんです。

ここが意識できるとアドリブだけではなくて全体の応用力やレベルがかなり上がるのでぜひ意識してやってみて下さい。(意識すると結構できます!)

しかもアドリブをした後にきっちりそのセクションにピタッと入るとものすごく快感です。

これは実際にやってみないと体験できないと思いますけど、小さな達成感が確実にあります。笑

■コードに合わせたアドリブ方法はこちらで解説しています

 

関連記事

  1. いつもと違うメロディを作るには
  2. 気持ち悪いフレーズの攻略方法
  3. 実はここにも手グセがあった!
  4. 「壊れかけのRadio」で使えるアドリブ術
  5. ペンタを一歩だけ抜け出すテクニック
  6. ブルースで使える3つのスケール
  7. メロディアスなアドリブの効果
  8. 苦手なフレーズを攻略するアイデア

最近の記事

PAGE TOP