ブログコンテンツ

フレージングのメリハリをつける

山脇オサムです。

「ここ!」というところだけでOK

飲み会セッションでブルースをやるとはやりマイナーペンタを使う人が多いんですけど、その中でも毎回数名の方が「アドリブのレシピ〜メジャーブルースを攻略する〜」で解説しているテクニックを見事に使ってミクソリディアンスケールでフレージングする人がいるんです。

やっぱりマイナーペンタとは雰囲気が全然違うのですぐ分かるんですよね。(マイナーペンタは暗い、ミクソリディアンは明るい)

コード感があるし7th強調されてるし妙にお洒落だし。

マイナーペンタを使う人が多いから際立って目立つし。

凄くいい感じなんです。

なのでマイナーペンタのみで弾いている方にはぜひ「ミクソリディアン」という引き出しもタンスに追加しておいて欲しいんですけど、12小節すべてのコードで使う必要はなくて、「ここ!」と決めたところだけでもいいんです。

それだけでも十分「雰囲気の違い」を演出することができるんですよね。(それがフレージングのマンネリ解消に繋がります)

 

スケールを切り替えてメリハリを出す

例えばキーがAのブルースの場合。

|A7|A7|A7|A7|

D7D7|A7|A7|

|E7|D7|A7|E7|

オレンジの5,6小節目のD7だけミクソリディアン、それ以外はAマイナーペンタでもカッコいいんです。

アドリブのレシピでは鳴ってるコードのコードトーンを重視して弾くスタイルなので、D7に入った瞬間に「D7」がものすごく強調されるんですよね。

メジャー3rdもブルージィに使いこなすので「明るい」というところも目立つんです。

これがいいんですよね。

D7が目立つということはそれ以外のマイナーペンタも際立つという事ですからね。

僕は全コードで使うことが多いのでマイナーペンタとの切り替えは12小節単位で切り替えたりします。

最初はミクソリディアン多めで聞かせて後半はマイナーペンタで熱く弾く、とか。

結構好きです。

フレージングのメリハリってダイナミクスや音の数、ローポジ・ハイポジでの弾き分けとかいろいろあるんですけど「スケールを切り替えてメリハリを出す」というやり方もかなり効果的なのでオススメです!

■アドリブのレシピ~メジャーブルースを攻略する~はこちら

⇒メジャーブルース超攻略セットはこちら

関連記事

  1. ジョン・メイヤーの渋すぎる技
  2. 【ニュアンス最高】ペンタに1音足すチョーキングテクニック
  3. アームを使って歌心を出す
  4. メタルに欠かせない速弾き奏法
  5. 【ラン奏法】6パターンを動画で解説!
  6. タッピングの速さを上げる2種類のリズム
  7. リズムで手癖フレーズを変える!
  8. ロベン・フォードのフレーズ解説|第2弾

最近の記事

PAGE TOP