ブログコンテンツ

ペンタをブルージィに弾く方法

山脇オサムです。

ポイントはマイナー3rdの使い方

ブルースでマイナーペンタトニックスケールを使う時っていつも同じフレーズになりやすいですよね。

ペンタはシンプルな分、普通にスケールをなぞって弾くだけではカッコ良くなりにくいんです。

だからそこにいろんなテクニックを使ってフレージングしていくんですけど、ことブルースで言うと一番のポイントはマイナー3rdの使い方だと思います。

僕自身、このポイントを意識するようになってからペンタのフレーズがかなりブルージィになりました。

例えばAのメジャーブルースでAマイナーペンタを弾く場合。6弦ルートのポジションだとマイナー3rdの場所は18フレ、35フレ、53フレです。

ここを弾く時にほんの少~しだけチョーキングするんです。いわゆるクォーターチョーキングです。

1音チョーキングの半分が半音チョーキング、そのまた半分がクォーターです。

ピアノでは出せない音程ですごくアナログな音なんですけど、その音がかなりブルージィなんです。

理論上はおかしいけど音は最高

これはフィーリングの話になるので実際に弾いて感じてもらうのが1番なんですけど、1つの考え方としてあるのは「マイナー3rdからメジャー3rdに向かってる」という事なんですよね。

A7は明るいコードなのでメジャー3rdが使われてるのに、その上で使ってるマイナーペンタはマイナー3rd

実は完全に音がぶつかってるんです。理論上で考えると変な話なんですけどこれを良しとするのがブルースのパワーです。(ホント最高です)

だから1つの考え方としては「マイナー3rdを後ろで鳴ってるメジャー3rdに寄せていってる」という風にも考えれるんですよね。

これは他の曲にも当てはまって、ポップな曲を強引にブルージィにする時にはわざとメジャー3rdをマイナー3rdにしてクォーターを入れたりするんです。

それだけで雰囲気はガラッと変わります。

ペンタをカッコよく弾きたい場合はぜひマイナー3rdに注目してみて下さい。

■ブルースでのマイナー3rdの使い方はこちらで解説しています。

関連記事

  1. ギターでお洒落にハモってみよう!
  2. 最優秀賞と山脇の演奏を聞き比べ
  3. 1弦につき1音か2音しか弾かない
  4. 丁寧すぎるジョンメイヤーの名演奏
  5. ハーモニクスを使った効果音フレーズ
  6. ペンタに1音追加してみよう!
  7. マイナーペンタを彩る2つの音
  8. フレーズをお洒落にキメる方法

最近の記事

PAGE TOP