ブログコンテンツ

キレッキレのストローク

山脇オサムです。

「ストロークは肘と手首」

キレイなサウンドを出すには素早いストロークが必要不可欠だ!と口が酸っぱくなって唾液が止まらないくらい言っていますけどそれはもちろんエレキギターだけではありません。

もちろんアコースティックギターにも当てはまります。

もっと言えばストロークのできる楽器であればなんだって当てはまります。

その良い例がこの動画の1:25からです。

ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロさんのストローク。

超素早くてサウンドがキレッキレです。

これ、ストロークが遅いと絶対に出せないサウンドなんですよね。

良い楽器を使ってるから出せるとか、そういう事じゃないんです。

「弾き方」の問題なんです。(それが技術!)

じゃあどういう弾き方をしているかと言うと、色々あるんですけど一番のポイントは手首のスナップを使ってるところです。

これが素早いストロークの基本でありコツです。

「肘だけ」を支点にしてしまうとこのスピードって出ないんですよね。肘も支点にするんですけどその先の手首も使うと一気にスピードアップできます。

手を洗った時に「ブンブン」と手を振って水を振り払うあの感じです。

と言ってもそんな大々的ではなく「ちょっと手首を使う」くらいでスピードはかなり上がります。

手首を固めて肘だけでやるのは難しいぜ、という事です。でもそれで早いストロークが出来ればそれはそれでカッコいいぜ、というのもあります。笑


「ドラムの役割のアクセント」

1:25からずっと16分のリズムでストロークをしているんですけど、1:43から一瞬だけ6連の超早いストロークが入ってます。

このリズムの変化、僕、大好きなんですよね。

4速でかなりスピード出してるのにさらにそこから5速に入れる、みたいな。

僕、モトクロスライダーだったのでよく分かるんですけど、コーナーが迫ってきてるのにもう一発シフトアップさせるのはめちゃくちゃ度胸がいるんですよね。5速から2速に切り替える手間も意外とタイムロスしますしね。

ちなみに2拍目と4拍目のタイミングに強めのブラッシングを入れてリズムをキュッと立たせています。

2拍目と4拍目のタイミングってドラムで言うところの「スネア」が入る場所なんですね。

リズムのノリを一番分かりやすく伝えることができるポイントなので、他の楽器でもそこにアクセントを入れるとリズムが良い感じに締まってくるんです。

特にこの動画はドラムがいないのでリズムの締り具合がよく分かりますよね。

アクセントはグルーブにとっても重要なテクニックなので必須です!


■ファンキーなノリでペンタフレーズを弾こう!

※メジャーペンタとマイナーペンタを使ったフレーズです

関連記事

  1. 逆アングルピッキングにも挑戦しよう!
  2. スピードとリズムに効果的なオルタネイトピッキング
  3. つまむピッキングと仙人ハンマリング
  4. このリフをオルタネイトで弾いてみる!
  5. ジェフベックからクラビサウンドを学ぶ
  6. フレーズのタイミングを見極める
  7. 究極的にはピックと指でサウンドを作る
  8. 超ファンキーなコードカッティング

最近の記事

PAGE TOP