ブログコンテンツ

マイナーペンタでオルタネイトピッキング!

山脇オサムです。

「シンプルなフレーズでノリを出す」

ダウンとアップを繰り返すオルタネイトピッキングを練習するときはシンプルなフレーズで実践するのがオススメです。

シンプルなフレーズというのはあまり指が動かないフレーズです。

その分ピッキングに集中して練習できますしね。

今回は単なるオルタネイトピッキングの練習ではなくてフレーズにノリを出すための練習なのでフレーズを作るという意味で複数の音が必要になるんですけど、ここでオススメなのがなんてったってペンタトニックスケールです。(特にマイナー)

例えばEマイナーペンタだったら、

414f|412f|314f|312f

この4音でやってみます。

このポジションだったら運指側のミュートをキープしながら弾けますしね。

ホントは2つ以上のことを同時に練習するのは良くないのでミュートをマスターしてから実践するのがベストなんですけど、別にミュートが外れてノイズが出たとしてもそれで誰かにゲンコツされる訳じゃないので気にする必要はありません。

「空振りピッキングを入れる」

で、この4音をいろんなリズムに当てはめながら弾いていきます。

どんなフレーズでも常にダウンアップを繰り返すというルールに従って弾きます。

リズムはなんだっていいんですけど、あまり8分とか16分とか付点とか頭で考えずになんとなーく手拍子や口で言ってみてそれを再現するくらいのリラックス加減がいいと思います。

休符や長音符のところは空振りピッキングを入れることで常にダウンとアップを一定のリズムで繰り返して弾くことができます。

ここが重要です。

常に一定のオルタネイトをするにはどうしても空振りピッキングが必要なんですね。

ストロークで考えると分かりやすいんでけど、ストロークってどんなリズムでも常に一定ですよね。(ドラムのハイハットのように)

だからリズムキープができるんですけど、それの小さい版をピッキングでやるんです。

ポイントはスマホで撮影してみることです。

客観的に見ると「あ、ここでダウンとアップが反対になっている!」という弱点が分かるのでオススメです。

この練習をするとテンポキープがしやすくなるのでフレーズにどんどんノリが出てくるんですよね。

基本的なところですけどすご~く大事です。

「ペンタの内部事情」

ちなみに上記の4音をKeyEマイナーの曲でやってほしいんですけどその時に大事なポイントがあります。

それはEマイナーペンタのEの音、414fを重点的に弾くということです。

KeyEマイナーの曲には当然Eの音が1番合うので、フレーズにたくさん組み込むことでめちゃくちゃ安定してくるんです。

これはマイナーペンタだけじゃなくてどんなスケールにも言えることなんですけど、こう言ったスケールの内部事情を知って弾くとすごく楽しいです。

■手グセ脱却!マイナーペンタの使い方はこちら

 

関連記事

  1. 弦またぎフレーズで手グセを脱却
  2. アルペジオの秘訣をアル先生に聞いてみよう!
  3. パッと弾けるとカッコいいカッティング
  4. ブリッジミュートは「強さ」じゃなくて「距離」
  5. 同じフレーズを違うニュアンスで弾く
  6. コーラスのキラキラ感を1.5倍にする方法
  7. 残像が出るほどの高速ピッキング
  8. ストーリーのあるセッション

最近の記事

PAGE TOP