ブログコンテンツ

ハッタリカッティング!高速3連チキチチャーを攻略

ギターのレシピの山脇オサムです。

ラブストーリーは1.2弦だけ

コードカッティングで使える小技として有名なのが、3符の「チキチチャー」です。

「チキチ」が速くて「チャー」で音を伸ばすテクニックで、分かりやすい例だと「ラブストーリーは突然に」の最初のギターです。(この始まり方のセンスすご)

タブ譜だとこんなフレーズ。

■デモ演奏と解説はこちら

 

たまに使うとフックが効いてカッコ良いんですよねー!

チキチはブラッシングと言って、弦に指を触れておくだけの状態で弾きます。なので実際のコードの音は出てません。次のチャーで押弦してコードを鳴らします。

ピッキングはこう。

■チ・キ・チ=ダウン・アップ・ダウン
■チャー=アップ

難しいのがチキチ。

ポイントは全弦を弾かずに1.2.3弦だけヒットさせることです。

ブラッシングにもいろんなタイプがあるんですけど、この場合は1.2.3弦を弾くだけで十分効果的なんですね。むしろ1.2弦だけでも良いくらいです。

軽さとスピードアップ

こうすることでメリットが2つあります。

■リズムが軽くなる
■ストロークのスピードが上がる

ブラッシングにも音の変化があって、低音の巻弦を使うと音が太く重たくなるんです。

なのでロックやメタルなリフでは効果的なんですけど、タイトでノリの軽いカッティングには1.2弦のライトさがちょうど良いんです。バンドアンサンブル的にもナイス!そんな感じです。

そして、ストロークのスピードアップ。テクニック的にはこっちの方が重要です。

そもそも、全弦に当てると「チキチチャー」のスピードが追いつかないんです。どう頑張っても追いつかない。追いついたとしてもキレが粗い粗い。。。

「オリャー!」とピックを強く握ってブラッシングしても、音がカッチカチになりますしね。基本的にギターに「オリャー!」は不要です。

1.2弦だけだと移動距離が短くなるので、簡単にスピードアップできます。

その時のピッキングは、弦に抵抗しないように軽く持ちます。

こんな感じで握るのではなく、

こうやって軽くつまむ感じにするといい感じです。

ピックのしなりが活かせるくらいは軽く持ちましょう。

弦に引っかかるとホント良いことありませんからね。ピックはくるくる回るし力は入るし弦は切れるし。。。汗

とにかくリラックスが重要です。

カッティングにはこういうちょっとしたコツがとても重要です。ぜひ意識してトライしてみましょう。

小技を解説したカッティングフレーズ集

このような「カッティングで使える小技」を解説したギターのレシピの教材を制作しました。楽器店の試奏で使える小技が満載です。

■詳しくはこちら(オンライン)

■DVDはこちら(Amazon)

 

関連記事

  1. ガッツリ眉間にシワが寄るダウンピッキング
  2. 超ファンキー!インコグニートの「Talkin’ Lo…
  3. ワンランク高いカッティング術
  4. ピッキングとスケールチェンジで攻める!
  5. ミニスウィープは我慢がポイント
  6. ゴキゲンなバウンスを攻略する
  7. コードストロークに必須の2つのポイント
  8. 究極的にはピックと指でサウンドを作る

最近の記事

PAGE TOP