ブログコンテンツ

つまむピッキングと仙人ハンマリング

特に理由はないんですけど、そこまで餃子が好きになれない。

どうも、山脇オサムです。

「最高のダイナミクス」

今日はデヴィッド・T・ウォーカーをご紹介します。

マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンなどの作品に参加しているギタリストです。

■デヴィッド・T・ウォーカー「What’s going on」

 

何がすごいのかってやっぱり「ダイナミクス」ですよね。これはもう達人を通り越して仙人の域です。

この甘く響き渡るソウルフルなサウンド・・・。白ひげ効果もあって本当に仙人に見えてきました。

先っぽがぐるっと回った魔法の杖と、悪い人は決して乗れないという雲が隣にあったら完璧に仙人です。

「特徴的な逆アングルピッキング」

大きな特徴としてはピッキング

一般的な“握り込む”タイプではなく、「ちょっとだけツマむ」タイプの持ち方。しかも逆アングルピッキングです。

これはかなりオリジナリティ満載ですね。

ピッキングするたびにピックがクイっと動いてるのを見ると、弦に噛まないように本当に軽く握ってるのが分かります。

その奏法がそのままダイナミクスに影響していて、特に「そっと弾く時」に最高の仕事をしてるんだと思います。

特殊な弾き方ですけど挑戦してみる価値はあります!

意外とこういう時にあ、自分のピッキングはこれだ!」という発見があったりするんですよね。

「食わず嫌い」はダメです。「食ってなお嫌い」はしょうがないです。

 

「これぞ仙人ハンマリング」

この動画には「仙人の隠れた技」があります。目立たないんですけど確実に歌心に影響してます。

0:59のハンマリングです。

2弦4Fから6Fへのハンマリングなんですけど、よーく見ると経過音の5Fが一瞬入っているんです。

要するに「4F⇒5F⇒6F」という半音ハンマリングをやってるんです。これで、なめらかな音のニュアンスを出すことができるんですね。

言われないと気が付かない、でもやっている人はやっている、というテクニック。

派手ではないですけど、こういう芸細なところが仙人には必要なんですね。ちなみにこのテクニックは寺内タケシさんもよくやります!

 

■基礎テクニックを鍛えるにはこちら

 

関連記事

  1. コーラスのキラキラ感を1.5倍にする方法
  2. ゴキゲンなバウンスを攻略する
  3. マイナーペンタでオルタネイトピッキング!
  4. 弦またぎフレーズで手グセを脱却
  5. パッと弾けるとカッコいいカッティング
  6. 超ファンキーなコードカッティング
  7. このリフをオルタネイトで弾いてみる!
  8. ストーリーのあるセッション

最近の記事

PAGE TOP