ブログコンテンツ

ここをピッキングしないと絶対出せないサウンド

山脇オサムです。

ブリッジ近辺でピッキングするっていうとルーツ的に「三味線サウンド」な感じがしちゃうんですけど、ブルースマンでもここを弾き分けてる人は結構います。

まぁ一般的にはブリッジに手を置いたらちょうどピックアップの真ん中にきますよね。

で、そこから移動してサウンドを変えるとなるとほとんどの人がネック側に移動します。

ブリッジ側に移動する人はかなり稀なんですよね。

理由はこれです。

・シンプルに弾きにくい
・サウンドがコントロールしにくい

後者の方が多いかなー?

そんなブリッジ近辺ギリギリピッキングを全編でかましているのがカーク・フレッチャーです。

 

これはもう完っ全にサウンドを優先してますね。

ただ、カチカチのサウンドを出したいわけじゃないっぽいんです。よーく見るとフロントピックアップをセレクトしてるんですねーw

なんとも言えないサウンド。

1ピースメイプル+フロントピックアップ+ブリッジ近辺ピッキング。持ってる方はぜひやってみてください!

 

関連記事

  1. 個性的なチョーキングとピッキング
  2. フレーズにパンチを出す指の極意
  3. フレーズのタイミングを見極める
  4. 歪みサウンドでのピッキング
  5. 1mmで変わるブリッジミュート
  6. このリフをオルタネイトで弾いてみる!
  7. ハッタリには欠かせない“ミニ”テクニック
  8. コードストロークに必須の2つのポイント

最近の記事

PAGE TOP