ブログコンテンツ

チャック・ベリーを有名にした2人とは?

ギターのレシピの山脇オサムです。

今日はロックンロールスター、チャック・ベリーのお話です。

実は遅咲きだった

チャック・ベリーは1926年生まれ。マリリン・モンローやマイルス・デイヴィスと同い年です。日本人だと菅井きんさん。

亡くなったのがつい2年前だから、なんだかすごいですよね。(90歳没)

若い頃はなかなかのヤンチャだったようですが、プロとしてバンドに加入したのは27歳。

マリリン・モンローは27歳の時にはハリウッドでスターになってましたし、マイルス・デイヴィスもトップミュージシャンになってます。菅井きんさんは映画「ゴジラ」に出てます。

そう考えると意外と遅いですよね。

しかもこの段階ではまだ、地元のクラブで有名というレベルだったようです。

チャック・ベリーが有名になるのはその2年後の29歳のとき。チェスレコードからリリースした「Maybelline/メイベリーン」という曲がいきなりヒット!

ん…?チェスレコードと言ったら…

マディ・ウォーターズと同じじゃないか!

そうです。

チャック・ベリーにチェスレコードを紹介したのが何を隠そうシカゴブルースの父、マディ・ウォーターズなんです。

「え?レコード作りたいの?じゃあチェスレコード行ってみな!あっちにあっから!」

年齢が一回り離れたマディ・ウォーターズは憧れの的だったようで、その助言を聞いてチェスレコードと契約したんですね。

⇒マディ・ウォーターズの記事はこちら

ロックンロールを叫びまくる

で、ここでもう一人、ロックンロールを流行らせた重要な人物がいます。

ラジオDJのアラン・フリードです。

白人の若者向けのラジオ番組で、ブルースやR&Bといった黒人音楽を流しまくったんです。

で、曲を紹介するときに「ロックンロール!」って言うもんだからどんどん浸透していったという。

ロックンロールという言葉はもともと黒人のスラングで「パーッと遊ぼうぜ!」みたいな意味で使われてたんですけど、それを使いまくったんですね。

時代が時代なのでむちゃくちゃ圧力があったようですけど、それに屈せず黒人音楽を流し続けたアラン・フリードの功績もあって、チャック・ベリーのロックンロールは流行っていくんですねー。

■Roll Over Beethoven

 

■Rock ‘n’ Roll Music(エタ・ジェイムズも!)

ロックンロールが死んだ

サクセスストーリーを歩くチャック・ベリーですが、33歳のときに売春容疑で捕まってしまいます。

あちゃー!って感じなんですが、実は事態はもっともっと深刻だったんです。

というのも、

同じ年にストラト大好きバディ・ホリーが飛行機事故で亡くなり、この2年前にはロックンロールで名を馳せたリトル・リチャードが牧師になり1年前にはエルビス・プレスリーが徴兵でいなくなってしまうんです。ラジオDJのアラン・フリードもスキャンダルで追放されたり。

ようするに、、、

ロックンロールのスターがいなくなっちゃったんですね。

 

まさかのタイミング。

ここからロックンロールの勢いがなくなっていきます。。。

が、

60年代に入ると、彼らに影響を受けていたイギリスの若者たちが楽曲をカバーするようになり、またしても注目を浴びるようになります。

それが、ビートルズやローリングストーンズです。

やっぱりこうやって繋がっていくんですねー。いやーオモシロイ。

ちなみに僕が初めてチャック・ベリーの曲を弾いたのは、ビートルズがカバーした「Rock’n Roll Music」と、バックトゥザフューチャーの「ジョニーBグッド」です。

大歓声入りのロックンロールトラック

プロが演奏したロックンロールトラックに大歓声を組み込んだナイスなトラック。無料なのでぜひ練習に活用してください。

■画像をクリック

関連記事

  1. フレーズとリズムを連動させる練習方法
  2. 1年も空いたその真相とは
  3. 曲を聞いたらまずはイメージトレーニング
  4. コピーしたフレーズを実践で使う方法
  5. ルート音を聞き取る絶好のタイミングとは?
  6. 今弾いてもムズー!ベンチャーズ「10番街の殺人」
  7. 耳コピに重要なのは「知識」と「経験」
  8. いざという時に使えるテクニック

最近の記事

PAGE TOP