ブログコンテンツ

すご~く大事な練習方法

山脇オサムです。

久しぶりに漫画が読みたくなって近所の本屋でこち亀を買いました。バンドの機材車には常にこち亀が置いてあったくらい大好きで、「この話のオチはこれ!」というオチ当てもできます。まずは150巻から攻めます。

意識1つででチョーキングも良くなる

ちょっと前に出会ったギタリスト。

スケールの音の使い方はバッチリなんですけど、親指の位置やチョーキングのピッチに問題があったので色々とアドバイス的なことを話しました。

でも親指の位置やチョーキングって今までのクセがあるので中々修正できないんですよね。

これまでやってきた対面レッスンの経験で断言できるんですけどホントに修正って難しいんです。

「はい親指!今日も親指開いちゃってるよ!ちゃんと意識して!」

「はい!分かりました!」

・・・(練習)・・・

「いやいや、また親指開いちゃってるよ!」

「はい!分かりました!」

・・・(練習)・・・

「いや、さっきより大胆に開いちゃってるよ!」

こんなやりとりを毎回やっちゃうんですから。

でもアドバイスをした方はほんの数日で親指の位置もチョーキングのピッチもキレイになってるんです。

正直言ってここまで出来ると思ってなかったので驚きました。

相当意識して集中して練習してるんだと思います。

そうじゃないとクセは治せないですからね。ほんと凄いと思います。

ここでやっぱり大事だと思うのは「意識して練習する」ということです。

テレビ見ながらやるような単純な反復練習でもある程度身に付くんでしょうけど、

「今何を練習してるのか」という目的をハッキリさせてそれを意識して練習したほうが絶対効率は良いです。

効率が良いということは上達する時間を短縮できるということです。

筋トレと同じですよね。無意識でやるよりも鏡を見ながら、

「オレは今上腕二頭筋を鍛えているんだぞ!分かるか?オレの上腕二頭筋!」

と意識すると筋肉のつき方が明らかに違います。

だから、なかやまきんに君の、

「おい!オレの筋肉!やるのかい?やらないのかい?」

はちゃんと合ってます。(ちゃんと合ってるってなんだ?)

一流野球選手の素振りは単純な反復練習ではなくて、

「9回2アウト、1ストライク2ボール、ランナー3塁、1人返せば同点。ピッチャーは阪神のアイツで、、、」

ということまでイメージ(意識)して素振りをするって言いますし。

同じ時間を使うとしてもこうやって意識することで他の人よりもぐんぐん腕を上げちゃうんですよね。

無意識でやってる人はそれを見て「すぐ上達するなんてアイツは才能がある」って言っちゃうんですけどそれは違って、たぶん他の人よりも考えてやってるからだと思います。

「楽しむ=楽をする」ではないですからね。

「しっかり練習した結果=楽しい」

ということですから!

↓「縦のフレーズ」を意識して弾いてみて下さい↓

関連記事

  1. 耳コピは知識と経験
  2. 手が動かない時の解決策
  3. フレーズを覚えるだけじゃもったいない
  4. ペグを回すほどではないチューニングのズレ
  5. ギタリストはドラムが必須
  6. 耳コピはタネがわかればできる
  7. ノーキーエドワーズはここが最高にカッコイイ!
  8. ギターに関する都市伝説

最近の記事

PAGE TOP