ブログコンテンツ

フィードバックを作ってみよう!

 

「フィードバックを操る」

エフェクターをたくさん持っている方、多いですよね。

でもその中で使ってない歪みエフェクターがある!という方も多いと思うんです。一番最初に買った安いディストーションとか。

今はもっと良いエフェクターがあるから、ここ数年押入れにしまってあるエフェクターとか。

そんな「今は使ってない歪みエフェクター」の裏技的な使い方があるので紹介します。

裏技と言ってもそのエフェクターを足置きにするとか、いつも偉そうな上司を殴るとかそういうことではないです。ちゃんとセッティングして使います。

その使い方は「フィードバック専用」で使うことです。

スタジオやライブの時にギターを後ろのでっかいアンプに近付けると「フィ~ン」と鳴ってしまうあれです。フィードバックは使い方によってはかな〜りカッコいいサウンドになります。

いちばん有名なフィードバックと言ったらこれですね。

 

このフィードバックを曲中で意図的に起こすときに使うんです。

 

「ブースター的に使う」

その方法は、いつも使っている歪みエフェクターにさらに歪みを足す、というブースター的な役割で使います。

いつも使ってる歪みエフェクターの隣に、結構ゲインを高めに設定して配置します。

で、いつも使っている歪みエフェクターをオンにしながら、フィードバックが欲しい時にそのエフェクターもオンにするんです。

そうすると、歪みの量が一気にパワーアップして「フィーン」というフィードバックが出る、という具合です。

でも、、、実はそう簡単にフィードバックって出ないんですよね!なんか絶妙〜なポイントがあるんです。

僕がいつもフィードバックを出す時は、共鳴しやすくするためにまずはアンプの前に行きます。で、出す音を4〜6弦のローポジションにします。1〜5フレットくらい。

こうするとうまく共鳴してフィードバックが出てきます。弦を押さえた状態で出すのでビブラートもかけれたりしてカッコいいんですよねー。チョーキングしちゃったりして。

家で使っている小さなアンプではフィードバックは起こりにくいので、実験する時は大きなアンプのあるスタジオでやってみて下さい。

いや、むしろ10Wのアンプを全開に歪ませてみるのも良いかも!

 

関連記事

  1. エフェクターじゃなくて弦高でサウンドを変える!
  2. 立ってギターを弾いてみる
  3. ルート音を聞き取る絶好のタイミングとは?
  4. 最強のギターレッスンコース!
  5. フレット感覚と耳を鍛える練習方法
  6. ギターは弾けば弾くほど音が良くなるのか!?
  7. 1mmでギターの総合力は上がる!
  8. 1年も空いたその真相とは

最近の記事

PAGE TOP