ブログコンテンツ

効果抜群のクリック練習

山脇オサムです。

8割は走ってしまう

クリック練習ってしたことありますか?

「カンカンカンカン」という無機質な音に合わせて一人ぼっちで延々と弾くアレです。

一人ぼっちかどうかは別として相当根気のいる練習方法です。

でも効果はバツグンな練習方法です。

サッカー選手が一生懸命練習している姿にグッとくる女子は多いのに、目を閉じてクリック練習をしているギタリストにグッとくる女子はいない、というのがこの練習方法が普及してない要因だ、という下心満潮先生のデータもあるくらいです。(久々に出た)

どっちも一生懸命練習してることに変わりはないのにモテないってのは悔しいです!

さて・・、かなり効果的なのでまだ一回もクリック練習をしたことがない方はぜひ真剣に取り組んでみてください。

10分間でもいいです。

得意なフレーズ、得意なストローク、なんでもいいのでクリックに合わせてそれを弾いてみてください。

スマホで録画・録音して聞いてみるとわかるんですけど80%の方はリズムがどんどん早くなってると思います。

80%というのは昔お世話になったエンジニアさんが言っていた数字なんですけど、僕の経験から言ってもそのくらいの割合だと思います。

リズムの良さは説得力を生む

無意識で弾いているとリズムって早くなっちゃうんですよね。

いわゆる「走る」ということです。

笑っていいともでも、テーマ曲に合わせてお客さんが手拍子するんですけど絶対走っちゃう理由がこれです。

クリックで練習するとここが治ってインテンポの感覚が身に付いてきて、落ち着いた演奏できるようになるんですね。

そしてフレーズのタイム感がグッと良くなります。

リズムが走らないようになるとギタリストのランクは正直3段くらい一気に上がります。(これホント)

テクニックが向上する、ということではなくて演奏の説得力が出るという感じなんです。

この“説得力”が人に聞かすときにとても重要なのでテキトーにやってしまうと痛い目に合います。いくら指が動いてもグッと来ない演奏の原因はここだったりします。

そういえば以前、バックバンドの現場でリズムが走っちゃってエラい怒られたことがあります。

もう怒られたくないのでそこからリズムには結構シビアになりました。

クリック練習はやらない理由がないくらい効果的なのでぜひ取り組みましょう!

集中すればするほどフレーズの腰が座ってくる感覚がわかると思いますよ。

■リズムトレーニングはこの曲がオススメです。テンポ的にノリを掴みやすい速さですし跳ねたグルーヴも身に付きます。

関連記事

  1. ギターとサウンドでフレーズが変わる
  2. ギターに関する都市伝説
  3. アドリブ中は何考えてる?
  4. スキップでサザエさんを歌えますか?
  5. リズムを鍛えるクリック練習
  6. できるミュージシャンの共通点
  7. 立ってギターを弾いてみる
  8. 実はしっかり弾けてない

【人気】ギターのレシピ定額コース

友達登録1,000名突破

最近の記事

PAGE TOP