ブログコンテンツ

リズムを鍛えるクリック練習

山脇オサムです。

基準を減らしていく

「リズムに強くなるにはどうしたらいいですか?」という質問がよくあるんですけど、リズムをよくするにはやっぱり訓練しかないと思います。

1にも2にも訓練。

クリックやドラムマシンを使ったりして練習するしかないんです。

これを書いてる僕ももちろん練習中です。

僕のリズムなんてまだまだ未熟なのでそれを少しでも改善してナイスなグルーヴで演奏できるように練習しています。

じゃあどんな練習が良いのかと言うと効果的なのは「合わせる基準となるクリックの数を減らしていく」練習です。

例えばBPM120に合わせて練習していた場合、その次のステップはBPM60に合わすということです。(ビートの感じはそのままで)

BPM120では「1234」全てにクリックがあるので合わせやすいんですけど、BPM60では「1234」の13にしかクリックが鳴りません。(表拍で考えた場合)

要するにクリックの基準が半分になるとういうことです。

実際にやってみると分かるんですけど基準が少ない分ちょいと難しいです。

合わそうと思うと自然に神経を尖らせて集中することになるんですけどそれがかなり良い練習になります。

 

これでリズムは相当強くなる

で、その次のステップがBPM30に合わすことです。

1234」の1にしか基準がないので合わせるのはなかなかの難易度です

ハッキリ言ってめちゃめちゃ難しいです。

設定がややこしいマシンを買ったのはいいけど説明書が1枚しか入ってない、みたいな感じです。

(やればできる、とか太字で書いてある)

これをきっちり合わせられるようになるとリズムキープに関してはかなり強くなってると思います。いや、相当強いと思います。

ただ、リズム練習を「つまらない」と思ったらいけません。

クリックとどんどん距離が近くなっていくあの感じをニヤニヤしながら楽しめるくらいの変態精神を持って取り組んで下さい。

友達は減るかもしれませんけどギターは確実に上手くなります。

さーてBPM240で練習しようっと!(基準がめっちゃ多いやつ)

■リズム練習にも最適なカッティングフレーズはこちら

⇒ダウンロード版はこちら

⇒DVD版はこちら

関連記事

  1. コンテストに潜むアイツとの戦い!
  2. 簡単にできるネック調整方法
  3. 耳コピの知識を身に付ける方法
  4. 常識外のリズムギターを発見!
  5. フレーズを覚えるだけじゃもったいない
  6. 立ってギターを弾いてみる
  7. 花を咲かせるアンプのセッティング
  8. リペアに出す?それとも買っちゃう

最近の記事

PAGE TOP