ブログコンテンツ

2種類の耳コピ方法

山脇オサムです。

ブルースのアドリブをするためにアーティストのフレーズをコピーすることもあると思います。

耳を澄ませて、目を凝らして、同じところを何回も何回も再生してちょっとずつポジションを確認していくんですけど、目的によってコピーの方法を使い分けるのがオススメです。

全部ピッキングハーモニクスとか

1つ目の目的は、

「フレーズをなるべくたくさん覚えてアドリブに活かしたい」

という場合。

この場合はアドリブの精度(どれだけ正確にコピーできるか)の基準を下げてみて下さい。70~80%コピーしたあとに残りの20~30%を「自分ならこう弾く」という目線でオリジナリティを追加して下さい。

「僕ならここにこの音いれるな」

「私ならもっとスライドを入れて幅を出すよね」

「全部ピッキングハーモニクスで弾いてみるか」

こんな感じで想像を膨らませて柔軟にあなた色を入れてみて下さい。

なんでもいいです。どんなことでもいいです。

茂木先生よりより柔軟に考えて下さい。

20~30%はのりしろを作ってコピーするのがコツです。

これでコピーのスピードがあがりますし、考えて自分の色を加える事でアドリブ力があがります。完全コピーする必要はありません!

ピッキングの角度や強弱まで

2つ目の目的は、

「コピーしながらテクニックを身につける場合」です。

この場合は100%完全コピーを目指します。

どこまでコピーするのかというと、

「どの指でどうやって弾いているのか」

「その時の親指はどこに位置しているのか」

「ビブラートはどのくらいの音程幅なのか」

「ピッキングの角度や強弱はどうなっているのか」

こういった細かいところまでコピーします。

上手い人のギターは共通して、運指がキレイ、ピッキングが上手い、という共通点があるのでそれを完全コピーする事で正しいテクニックを身につける事ができます。(もちろんそれぞれ個性はあるが!)

逆説的に言うとキレイな運指じゃないと結局うまく弾けない、ということですね。

色んな人をコピーしながら「自分にはこのスタイルが合うな」というスタイルを身につけていくととても良いですね。

コピーする時はどっちの目的かハッキリさせて取り組んでみて下さい!

■コピーについてはこちらでも解説しています

関連記事

  1. エフェクターじゃなくて弦高でサウンドを変える!
  2. 立ってギターを弾いてみる
  3. フレーズを覚えるだけじゃもったいない
  4. コンテストに潜むアイツとの戦い!
  5. ハマるとやばいチューニング
  6. 自分の演奏の癖を見抜く!
  7. クリーントーンで音を伸ばす裏ワザ
  8. アレンジ術が身につく曲の聞き方

最近の記事

PAGE TOP