ブログコンテンツ

スタンドバイミーをお洒落にアレンジ!

山脇オサムです。

「4和音アレンジからのテンション」

実際に有名な曲をテンションコードにアレンジしてみましょう!

使う有名曲はお馴染みの「スタンドバイミー」です。セクションは「ウェンザナイッ」のAメロです。

Key=Cで考えると通常のコード進行は、

|C|C|Am|Am|F|G|C|C|

ですよね。これにテンションを加えたアレンジがこちら!

厳密に言うとテンションアレンジの前に「3和音を4和音に変える」というアレンジが入ってます。こんな感じです。

|C△7|C△7|Am7|Am7|F△7|G7|C△7|C△7|

4和音にした上でテンションを付けてるので、2段階でアレンジしてるという事です。

テンションっていろんな付け方があるんですけど、さり気なく付けるとしたら僕はこんな感じが好きです。

これはぜひとも実際に弾いてみて下さい。

そしていつもよりクセを強めにしてAメロを歌ってみて下さい。結構いい感じになります。

 

「テンションとメロディライン!」

1小節目は、すでに小洒落てるC△7にさらに9thを加えて都会的なお洒落感を出してます。(都会的というのは僕のイメージ!)

6小節目のG7はメロディラインが5thなので、そこは残して9thを入れてます。

7小節目はメロディラインが1度の音なので、半音違いの△7を外して代わりに6thを入れてみました。(ついでに9thも!)

3和音のスタンドバイミーもシンプルでカッコいいんですけど、ちょっと小洒落たスタンドバイミーも結構楽しいでしょ?

アンケートで多かった「ちょっとだけお洒落にアレンジできるようになりたい」というのってこういう事だと思うんです。

童謡をお洒落にしてみるのも面白いですし、この時期だとクリスマスソングをアレンジするのも最高ですよね。

そう言えば、今度自宅に子供たちがたくさん集まってクリスマスパーティーするから景気付けにギター弾いてくれって言われてるので、思いっきりテンション付けて弾いてやろうと思います。ドミナントはディミニッシュで決まりですね。爆笑

ぜひ「コードのレシピ〜中巻〜」でこんなアレンジを楽しんで頂ければと思います!

■「コードのレシピ〜中巻〜」はこちら

 

 

関連記事

  1. 11thはマイケルのハットよろしく!
  2. インパクトのあるマイナーコード
  3. Fコードを攻略する秘訣
  4. ロベンフォードからコードを学ぼう!
  5. コードフォームを覚える秘訣
  6. 【動画で検証】6弦ギターで7弦ギターのサウンドを出す!
  7. ブルーノマーズをエロく弾いてみよう!
  8. 4和音とテンションを弾き比べてみた

最近の記事

PAGE TOP