ブログコンテンツ

MDF材を使用したエフェクターボード

札幌のエフェクターボード製作屋、ヘルニアエフェクトボードデザイン根尾です。

『大きなヒキガエル』という血湧き肉躍るネーミングのガチャが出ました。硬貨5枚の高額ガチャですが、現物を手にするとマジこの値段でいいんですか?ってくらいのサイズとクオリティ。

塗りもすばらしく重めなのもナイス、ネイチャーテクニカラー史上、個人的に過去最高かも。

さて、今回も最近の製作例のご紹介です。

大阪府の伊藤 良哉 様のエフェクターボードを製作させていただきました。いつも本当にありがとうございます!

MDF材を使用したエフェクターボード

ボードのサイズは W450 x D300 mmです。以前製作させていただいたボードを元にエフェクターの入れ換え、さらに MDF 材の角を丸めて、木口を黒く塗っています。

なかなかタイトな配置です。ボードのサイズはそのままにエフェクターが偶然にもピッタリフィットしてくれています。

左側面です。

右側面です。

背面から。

strymon / FLINT の LEFT OUT がアンプへの接続位置ですのでパッチケーブルは極力地を這わせています。

接続順について

・ ギター

    

・ tc electronic / polytune (チューナー)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 9cm

・ CULT / Ray (オーバードライブ)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 10cm / Crank

・ King Tone / FUZZ (ファズ)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 11cm / Crank

・ electro-harmonix / Soul Food (オーバードライブ)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 11cm

・ tc electronic / QUINTESSENCE (ハーモナイザー)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 34cm / Crank

・ strymon / Ola (コーラス)

     ↓ switchcraft Flat L / Flat L : 17cm

・ strymon / FLINT (リバーブ / トレモロ)

    

アンプ

Total. 92cm

電源について

パワーサプライは VooDoo LAB / PEDAL POWER 2 PLUS です。実測値を測り、目安で仮決め、実際に試して接続位置を本決めしていきます。

DIPスイッチは今回すべて NORMAL です。

DC端子の 5、6 は 9V / 250mA ありますので今回の strymon は供給可能です。

一見、大きいパワーサプライなんですが実際にボードに配置すると案外コンパクトに収まります。

カタログ表記上、0.9kg と重めではありますが、このパワーサプライの音、というのがある激しくナイスなモデルです。

入れ換える可能性がある場所は

DCケーブルの接続向きをこんな感じで固定すると安全に抜きやすく、挿しやすくなります。

全部上のエフェクターはプラグ形状に注意が必要です

エフェクターの入出力、DC端子がすべて上部にあるタイプはDCケーブルのプラグ形状はストレートじゃないと入らない場合があります。

かさ上げすることで L 字でも接続可能になる場合もあります。

塗りとマスキングテープ

木口は黒く塗って、裏面も少し塗っています。

マスキングテープはボード製作の色々な場面で多用していますが、これがもっとも正しい使い方かもしれません。

と、こんな感じで製作させていただいております。

伊藤 良哉 様、今回もありがとうございました!

■HNEBD 地獄通信 -お知らせ-

★ 2022年に製作させていただきましたギタリスト高橋 克 様のエフェクターボードを「こちら祇園二丁目濱田製作所 様」にてご紹介いただきました。ありがとうございます。HELL NEAR EFFECT BOARD DESIGN 製のエフェクターボードの音がご本人様の演奏で聴けます。

 

★ 過去製作は Instagram に載せていますのでチェックしていただけると嬉しいです。
→Instagramはこちら

根尾悠のヘルニアエフェクトボードデザイン

 

関連記事

  1. 遠方からのご依頼も対応可能です
  2. 固定しつつも剥がしやすいマジックテープの貼り方
  3. マッチングお試し用のエフェクターボード
  4. エフェクトボートのかさ上げ製作「道具編」
  5. ACアダプターを全部挿すにはどうする?
  6. エフェクターボードの中身【細かい部分編】
  7. 外のワウと中のチューナー
  8. 色々剥がした週

最近の記事

PAGE TOP