ブログコンテンツ

最新製作のエフェクトボードをご紹介!

新年明けましておめでとうございます。ヘルニアエフェクトボードデザインの根尾です。今年もよろしくお願いいたします。

「良いエフェクターを末長く、より良い状態で使用する」というコンセプトのもとに、最新作のエフェクターボードを製作させていただきましたのでご紹介します。

エフェクターボードは pedal train / novo18 を使用しています。比較的小型ながら、スイッチャー導入時に必要な縦の長さを備えたボードです。

パワーサプライは AC アダプターの都合上、ペダルボード上部に出ています。

・KLON / CENTAUR のバッファーのみ使用したい時のエフェクター本体のOFF
・strymon / FLINTのトレモロのON / OFF

この2つの操作以外は、スイッチャーのFREE THE TONE / ARC-53M (B) で完結。

KLON / CENTAUR は踏みやすいように硬質スポンジでかさ上げしています。

 

「スイッチャーのループ」

ファズが最初に来るようにセパレートループを使用しているため、実際の接続順はこんな感じです。

■LOOP 5
Formula B Elettronica / MINI BENDER PRO II (ファズ)

■LOOP 1
KLON / CENTAUR (オーバードライブ / ブースター)

■LOOP 2
JAM Pedals / Water Fall (コーラス)

■LOOP 3
strymon / FLINT (リバーブ / トレモロ)

■LOOP 4
xotic / Ep-booster (ブースター)

TUNER : tc electronic / polytune 3 (チューナー)

 

「システムの中枢はすべて FREE THE TONE」

■ ARC-53M(B) (スイッチャー)
■ PT-1D (パワーサプライ)
■ JB-21 (ジャンクションボックス)
■ CP-416DC (DC ケーブル)

パッチケーブルは CAJ x KLOTZ / PATCH を使用、プラグはスイッチクラフト、すべて専用の長さで製作しています。

 

「電源部について」

xotic / Ep-boosterはACアダプターからの電源供給で18V駆動なので、音のハリ、ツヤ、抜けは 9V駆動時よりもさらに増します。

Ep-boosterを使う場合は18V供給が圧倒的におすすめです。

一部のファズはパワーサプライにもよりますが、電源供給ができないものもあります。

Formula B Elettronica / MINI BENDER PRO II は別口でACアダプターから電源供給。

 

「固定と取り回し」

長らく使用してきたヘラマンタイトンの熱収縮チューブ、インシュロック、マウントベース、クラレのマジックテープも製作にはかかせないアイテムです。

次回は具体的な使用方法、ボード組み込みのメリットについても書いていきたいと思います。

 

■根尾悠のヘルニアエフェクトボードデザインはこちら

 

関連記事

  1. あるエフェクトボードのつなぎ方
  2. 路地裏のセンド&リターン
  3. MIDIを使うと超便利になる!
  4. MIDIの基本設定(中編)
  5. ディレイのプリセットって何!?
  6. エフェクターのノイズが酷いときの対処法
  7. デジタルディレイとアナログディレイ
  8. ブースターって最初につなぐ?最後につなぐ?

話題のオンラインギターレッスン

友達登録1,000名突破

最近の記事

PAGE TOP