ブログコンテンツ

フロアタイプのチューナー、接続位置について

こんにちわ、ヘルニアエフェクトボードデザイン根尾です。

先日、ライブ会場でみなさんの足元を見ていたのですが、ボードを組んでいる方もいればボードはあくまで保管しての移動で、使用時はステージの床で組み立ててその都度セッティングする方や、一個、二個しか使わない方などかなり人それぞれでした。

そこでちょっと気になったのが接続順、チューナーの位置です。

多くの方は最初に接続している場合がほとんどだと思います。

ボードスペースの関係上エフェクターを何個か経由しての途中だったり、ワイヤレスやスイッチャーのチューナーアウトだったりとコレもまた人それぞれなんですが、最初と途中と最後にあるのではチューナーの反応の仕方が変わってしまう場合があります。

チューナーの反応に影響あるペダルもある

フロアタイプのチューナーは ON にするとアンプからの音はミュートされるのがほとんどです。

チューニングしたい時に真っ先に踏むのがチューナーですが、強烈な歪みをかけたままの後ろにチューナーがあるとうまく反応してくれない場合があります。

ボードを組んでいる場合、スペース、サイズ、位置関係の都合上、止むを得ない場合もあります。

そんな時は、音が出ていない状態でもチューナーの前にある歪みをOFFにしてあげると解消できることがあります。

音は出ていなくとも歪んだ信号をチューナーが一生懸命になって拾っている、ということが起こっているわけですね。

それが OFF になることで歪んでいない信号をスムーズにチューニングできるようになる、ということです。

接続した順番にかかっていくのがコンパクトエフェクターですが、音を変える効果はないにしろチューナーもそういう位置関係で働いてくれています。

チューナーは途中にいるなら手前をOFF 、可能なら一番最初が最もスムーズにチューニングできる接続位置になっています。

根尾悠のヘルニアエフェクトボードデザインはこちら

関連記事

  1. ACアダプターを全部挿すにはどうする?
  2. エフェクターの本物 vs コピー商品
  3. スタック式パワーサプライボード完結編
  4. 【パワーサプライ】アナログとデジタル
  5. MIDIの基本設定(中編)
  6. クロマチック or ポリフォニック
  7. 帰ってきた Ep-booster
  8. ストロングになったチューブスクリーマー

最近の記事

PAGE TOP