ブログコンテンツ

【エフェクターボード】イン&ボックスのあれこれ

ヘルニアエフェクトボードデザイン根尾です。

先週はエフェクターボードのアウトだけを担う「アウトボックス」について書きましたが、地味にイン&アウトボックスも製作しています。

今まで市販のジャンクションボックスをお使いの方がシールドの取り回し上、INPUTとOUTPUTの位置が、

・逆だとありがたい
・余計な端子はない方が良い
・色も選びたい

との声からオーダーいただいたのがこちらでした。

いたってシンプル。 こちらは ARMOR でも “NB” 品番のため、ボードの塀はありません。

長年…というか、ボード製作を始めた頃から気になっていたところで、ARMOR の ”C” がつく品番のボード面は、立てた時に下に来る側が塀のようになってて高さがあるんです。 通常の手前でロックを開けた奥側、ということですね。

横から見るとこんな感じです。

中はこんなです。

パワーサプライ、ジャンクションボックスなどボードの奥と上部に配置したいモノが本体ベタ置きだと、そのまま端子に接続できないんです。 そのため、かさ上げが必要になってくるわけです。

ベタ置きだと差せません。

ボードを逆に使用すれば問題ないのですが、そうすると開けた後にひっくり返したり、ロックを奥側に置いて手を伸ばして開ける、となってやや不自然ですよね。

この点は製作前の打ち合わせで必ず確認する部分なんですが、けっこう皆様こだわりがあると感じる部分でもあります。

ということで、対 ARMOR ”C” 品番用のイン&アウトボックスを製作した、というのが事の経緯です。

こんな感じですね。

背の高い筐体を使って塀の高さを越えた位置に端子をつける。 するとかさ上げしなくても接続可能、というモノになっています。

根尾悠のヘルニアエフェクトボードデザイン

関連記事

  1. スイッチャーの基本接続について
  2. 伝説のケンタウロスあらわる
  3. 組み合わせてみよう!3種類の歪みエフェクター
  4. ブースターって最初につなぐ?最後につなぐ?
  5. 【strymon Zuma】と【Ojai】パワーサプライをスタッ…
  6. パッチケーブルにも彩りを
  7. 【パワーサプライ】逆さまのロゴは許せるか
  8. 「ミル」という名のエフェクター

最近の記事

PAGE TOP