ブログコンテンツ

お試し&比較用のマッチングボード

ヘルニアエフェクトボードデザイン根尾です。

新年早々、人生初の金のエンゼルが出ました。ずっと出たことがなくて都市伝説かと思っていたのですが、実際にあるとは。いやーびっくりした。あ、チョコボールのくちばしのお話でした。

はい、今回はいろいろなやりとりから完成した小さなボードのお話です。

お問い合わせから変化しました

以前、見た目からしてリビングボードってどうでしょうか?と考えたモノでしたが、お問い合わせをいただくうちに「エフェクターのマッチングを気軽に試せるボード」としての方が明らかに需要があったようで、

ここ最近は、より自由に試せるようにDCケーブルを少し長めに取ったこのカタチでの販売が増えています。

裏面はこんな感じになっています。

裏面の左側には軽く束ねて収められるDCコードホルダーが1つあります。

主にワウ用を想定していますが、ボードに乗せても安定しないサイズのペダルや、操作的に外側に置いて試したいペダルなどにも対応可能です。

DCケーブルには端子カバー

DCケーブルの端子はすべてカバーを付けています。

2~3個試したい時なんかは、通電中の端子むき出しDCケーブルがフラフラしていると、ひょんなことからショートすることが実際にありますからね。使うところだけ外してエフェクターにインしてください。

パワーサプライとDCケーブルはCAJ製です。

DC端子の取り外しが上から下からと容易ですので、ペダルは固定したまま他のパワーサプライを比較してみる、なんてこともできます。

根尾悠のヘルニアエフェクトボードデザイン

関連記事

  1. シールド不具合の速攻チェック方法
  2. 「純粋な金属の筋肉」なディストーション
  3. かさ上げと内寸の高さ
  4. 市販のボードを使わない!ボードからの製作
  5. 原風景のあるエフェクターボード
  6. エフェクターの故障はどこを疑うべき!?
  7. 【エフェクトボード】カラーマジックテープの巻
  8. エフェクトボードの入れ替え

最近の記事

PAGE TOP